→6歳までの幼児教育で学力差がつくってホント!?


子どもの遺伝子検査が流行っている?

「子どもの遺伝子検査」について耳にしたことはありますか?
子どもの持つ遺伝子を分析することにより、その子がもともと持つ得意分野や性格の特性等が明らかになります。

そのため、習い事を選ぶ際や育て方のヒントにしたいと考える親からの注目度が高まっており、近年テレビなど各メディアでも特集されることが増えてきている検査です。
遺伝子検査を行っている各社によって内容・値段も様々ですので、ぜひ参考にしてみてください。

子どもの遺伝子検査で何がわかるの?

子どもの遺伝子検査をして分かることは、大きく3分野に分けられます。

一つ目に、学習の分野に関すること
これは学習時に必要な記憶力や理解力、知力に想像力などが対象となります。

二つ目は身体能力(運動能力)に関することです。
これは瞬発力や持久力、耐久力など運動の際に必要となる能力の強みを明らかにしています。

三つ目は感性(性格)に関することです。
例えば集中力や勇気、粘り強さややる気など物事に取り組む上で知っておきたい特性も知ることが出来るのです。

上に挙げた内容全てを一つの検査で調べることが出来るわけではありませんが、自分のお子さんの「知りたいポイント」が当てはまるものを選ぶといいですね。

検査方法は簡単?検査の流れ

子どもが対象となる検査ですから、その検査方法も気になるところですよね。
多くの遺伝子検査において、検査のやり方はほぼ同じ。
口の中を歯磨き等で清潔にしたあと、頬の内側を専用の器具(殆どの場合綿棒のようなものです)で擦ればOK、検体が採取できます。

検査キットも自宅まで郵送してくれますし、検査後も専用の容器に入れて郵送するだけなので簡単です。
病院に連れて行っての検査は、子どもの機嫌にも左右されるので大変。
そういった手間がないのはありがたいですよね。

検査費用はどれくらいかかる?

今回ご紹介する子どもの遺伝子検査では、運動に特化したものが\7,000、その他複数分野で検査を行う総合パッケージのものは約6~8万円となっています。
1分野のみの遺伝子検査ならば検査費用を抑えることもできますが、追加でもう1分野…となると、結果的に総合パッケージのものがお得になるようです。

おすすめのキットの特徴その1『こども能力発見DNAテスト』

『こども能力発見DNAテスト』では「メンタル・EQ分野」、「学習・記憶分野」、「運動・スポーツ分野」の計14の遺伝子を検査対象としています。
それにより、子どもの特性…例えば集中力が優れているという結果が出たとします。

『こども能力発見DNAテスト』ではそれを伸ばすためにどういう遊びを、どのように遊ぶのか(一日どのくらい、とか朝がいい、とか)を分かりやすくアドバイスしてくれるので、毎日の生活に取り入れやすい内容になっています。

おすすめのキットの特徴その2『DNA EXERCISE』

『DNA EXERCISE』は完全に運動分野に特化した遺伝子検査です。
例えば瞬発力と持久力、どちらが優れているのか?
その中でもどういった種目が向いているのかなど、遺伝子の組合せによって27のタイプに分類されます。

これからスポーツを始めよう(始めさせたい)と思う人はもちろん、現在スポーツをしている人にもおすすめです。
例えばなかなか筋肉がつかないなど成果が上がらない場合は、そもそもの鍛え方が自身の遺伝子的特徴と合致していないのかもしれません。
『DNA EXERCISE』では、成果を挙げるための適切なアドバイスが受けられるのです。

おすすめのキットの特徴その3『子どもの「能力遺伝子検査」』

『子どもの「能力遺伝子検査」』では、「学習能力」「身体能力」「感性」の3分野を表す9遺伝子を検査対象としています。
この検査では「○○の才能の有無」ではなく「暗記が得意なタイプ」「ひらめきタイプ」などの得意なタイプを分析してくれます。

その上で、どのように取り組ませてあげれば伸びていくかという指針を示してくれます。
子育てにおける戦略的なアドバイスの意味を兼ね備えた遺伝子検査という印象です。

こちらの遺伝子解析をしているのと同じ国内病院が主催する、項目違い(12項目)の遺伝子検査『GIQ子ども能力遺伝子検査』もありますので、比較検討してみてくださいね。

遺伝子検査で才能を効果的に伸ばそう!

子どもが持つ潜在的な才能は、確かにあります。
ですがやるかやらないか、好きになるかならないかは取り組み方や性格等の要因も関わってくるのです。
それを「多方面から明らかにすることで子どもが本来持つ強みを伸ばそう」というのが、遺伝子検査を受ける意味なのです。

今回紹介した遺伝子検査はどれも、結果が届いたその日から取り入れられる内容がアドバイスとなって示されています。
小さい頃の習い事だけでなく、例えば受験の際など長い目でみても役立つこととなるでしょう。
親ができることはほんの少しです。
せっかくサポートするのであれば、自信をつけさせてあげるような、その子に合った方法を取ってあげたいですよね。

遺伝子検査をした感想紹介

実際に遺伝子検査を受けた親御さんの感想をいくつかご紹介します。
「親同様、おそらく我が子も運動が苦手…?と思い、室内遊びばかり。ですが検査を受けてみると運動面で優れた能力があることが判明。これからの遊び方や習い事の参考になりました。」

「子どもの教育や習い事など、長く指針になってくれそうです。」

「子どもの可能性を知れた検査でした。将来の視野も広がったと感じます。」

遺伝子検査を受けて意外と感じた人、日々の子どもの様子(考え方や行動)が遺伝子的な根拠に基づいていると分かり納得できた人など様々な意見が見られました。
共通して見られたのが、長く役立ちそうだという意見。
賢く取り入れて、育児や様々な面で役立てていきたいですね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!



ページの先頭へ