子供の年齢を教えてください。

現在5歳・年中の息子がいます。

子供の知育で使っている商品を教えてください。

公文のはじめて・やさしいシリーズ ひらがな
しょうがく社のハイレべ100シリーズ とけい

無料の幼児・小学生プリントサイト プリントキッズ http://print-kids.net/
DSソフト ドラがな

子供の知育商品の口コミと体験談を教えてください。

息子が年少に通い始める少し前の3歳半ごろから椅子に座る練習、鉛筆を持つ練習を始めました。この時点で平仮名は半分ぐらい読むことが出来ていて、カタカナも『トミカ』、『プラレール』など自分の好きなおもちゃの名前のみ読むことが出来ました。平仮名でも自分の名前だけは書くことが出来ていました。

最初は筆圧を安定させるために運筆がいいということだったので、4Bの公文の太くて持ちやすい三角鉛筆を購入し、プリントキッズのサイトから運筆と迷路のプリントをダウンロードして、一日に3枚ほど私も一緒にイスに背筋を伸ばして座って解く練習をしました。

最初は10分程度をかけてこのプリントをしていたと思います。正しい鉛筆の持ち方や姿勢を正すということじたいに時間がかかっていたので、実際にプリントをしていた時間はもっと短いと思います。

なぞる練習に慣れてきたなと思ったので、公文のひらがなのページを1枚追加しました。簡単にかける『し』、『つ』などから始めることが出来、少しずつ難易度の高い『す』などに移行していきました。ちょうどこのころ飛行機で帰るしかない距離にある実家に帰省する飛行機の中で利用することを考え3DSの本体と『ドラがな』を購入しました。

飛行機に乗るときは制限時間を設けてはいませんが、家の中ではプリントを終えてから15分のみで、外には持ち出さない、友達が来ているときには出さないという決まりを作りました。管理は今現在も私がしています。ドラがなは普通の太さのペンを購入しプリント学習と同じようになぞる練習から、濁点・言葉と幼稚園児に良い教材として利用できると思います。

ひらがな・カタカナ・数字をしたので5歳になってからは時計を読むことを始めました。それ以前からデジタルの数字は時計・ガソリンの価格・スーパーの商品価格などで読ませてきましたが、小学校入学まであと1年と少しになってきたのでアナログの時計しかない小学校できちんと時間を知ることが出来るようにと思いました。

ハイレべはまずは『○時』の短針を読むことからはじまり、徐々に短針は動かさず長針のみを読むに移行し、最後に両方を読むと細かなステップを採用しているので子供に分かりやすい教材だと思います。

私は特別お金をかけて知育をしたいとは思っていません。なので、プリントキッズは大変ありがたい無料プリントのサイトです。今現在3年生の分までアップされているのでこれからも利用をしていこうと思います。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!