子供が、ヨチヨチ歩くことが出来るようになったら、公園デビューを行おうと考えているママは多いですよね。
でも、公園デビューを行うには、少し緊張します。
ママ友は出来るだろうかや、楽しく会話が出来るだろうか、と心配することがあります。

そこで、今回は公園デビューのコツとママ友の作り方について紹介します。

公園デビューのコツについて

子供が、歩けるようになったら、公園に行って遊ばせてあげたいですよね。
でも、ママは公園デビューすることになるので、少し緊張してしまいます。
あまり緊張してしまうと、子供も緊張してしまうので、リラックスすることが大切です。

公園デビュー初日は、天気のいい日の午前中に、行ってみましょう。
時間は、9時から9時半に行くと、いいですよ。
他のお母さんは、家事などを終わらせてからくるので、だいたい10時頃に来ることが多いです。

最初に砂場や遊具で遊んでいると、後から来たお母さんが「砂場で一緒に遊んでもいい?」など話しかけてくれます。
そうすることで、自然と会話をすることが出来るので、いいですよ。

砂場などで遊ぶには、スコップなどが、必需品となってきます。
それらを多く持っていくことで、「貸して」「いいよ」など、会話のきっかけとなります。
子供たちが喧嘩することなく、一緒に遊ぶことができるので、公園デビューにはおすすめです。

ママ友の作り方について

公園デビューを行うには、ママ友を作る、きっかけとなります。
だが、ママ友を作りたいけど、どのように作ったらいいのか悩んでしまいますよね。
公園デビューからの、ママ友作りは、簡単に考えたら大丈夫ですよ。

・挨拶をしっかりする
やはり、第一印象が大切になってくるので、自分から笑顔で挨拶してみましょう。
また、おもちゃなどを貸してもらったりしたら、子供と一緒に「ありがとう」と言うようにしましょう。

・子供の話題で会話をする
ママには、いろいろな性格があります。
どの話題で、会話をしたらいいのか悩んでしまうと思いますが、子供の話題が効果的です。

「何歳ですか?」などから、子供の成長について、会話が広がります。
急に、どこに住んでいるのかなどを聞かれるより、子供の話題で会話が弾んでから、聞くようにしてみましょう。

ママ友を作ろうと思っても、あまり性格が合わなかったりしたら、無理をしなくていいと思います。
他の公園を巡って、気の合うママ友と知り合えると思います。

まとめ

公園デビューを行うのは、初め緊張してしまうと思いますが、気楽に考えください。
公園デビューして、ママ友を無理に作ろうと考えると、気持ち的にしんどくなってしまいます。
自然と、ママ友を作るようにして、公園デビューを楽しんでくださいね。

ママ友は、いろいろな情報を共有できるので、気の合うママ友を作ることが大切です。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!