子供が、年少になると能力も身体も成長して、遊びの幅が広がります。
でも、年少に合った、室内遊びや外遊びは、どのようなのがいいのか悩む時がありますよね。
遊ぶのであれば、子供の年齢に合った遊びを行いたいと考えますよね。

そこで、今回は年少におすすめの室内遊びと外遊びについて紹介します。

年少におすすめの室内遊び

子供と遊ぶときは、室内で遊ぶことがあります。
また、年齢に合った遊び方をすることで、こどもの成長に大きく関わってきます。
年少の子供には、構造を考える・想像力を育てる遊び、が適しています。

・探検ごっこ
年少の子供は、ストーリーを持って、遊ぶことができます。
布団などを山としたりして、ストーリーを踏まえながら遊ぶことで、創造力を鍛えることが出来ます。

また、親や友達と一緒に遊ぶことで、協調性を身に着けることが出来ます。
子供の想像力は豊かであるので、それを十分に遊びに取り入れて欲しいです。

・積み木
年少になると、手先がとても器用になります。
積み木をとても高く積み立てることや、積み木で、何かを作ることが出来ます。
子供の創造力を養う上で、大切になってくる遊びです。

・ブロック
ブロックも、年少の子供が好む、遊びです。
何かを作ることで、楽しさと達成感を、感じることが出来ます。

年少におすすめな外遊び

子供にとって、外遊びは、最も大切な遊びです。
外遊びをすることで、5感を刺激することが、できます。
そうすることで、脳を活性化でき、感情が豊かになります。

このような利点があるので、子供には外遊びさせることが、必要になってきます。
年少でも、外遊びで十分に、楽しむことが出来ます。

・お団子作り
手先が器用であるので、泥団子を綺麗に作ることが、出来ます。
このように、何かを作ることで、お店屋さんごっとに展開したりして、幅広く遊ぶことが出来ます。

・滑り台
外遊びをするのは、公園へ行くことが多いですよね。
ブランコや滑り台があり、子供が大好きな遊びです。

このような遊具は、しっかり身体を動かすことができ、楽しむことが出来る遊びです。
だが、年少の時期は、転倒などの危険があすので、しっかり見守ってあげてくださいね。

まとめ

年少になると、室内遊びや外遊びで、たくさん学ぶことが出来るので、どんどん遊ばせてあげてくださいね。
室内遊びにも、外遊びにも、いいことがたくさんあるので、子供が満足できるようにしてあげてください。

外遊びは、室内遊びでは得られない自然などと触れ合うことが出来るので、晴れているときは外遊びをしてみてください。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!