年少になると、いろいろなことに、興味を持ち始めるてくる時期です。
自我が芽生えだすので、しっかり、自分にやりたいことを表現するが出来ます。
そのような刺激を受けながら、子供は、成長していきます。

だが、年少が習得すべき遊びや勉強は、どのようなことなのか疑問に感じますよね。
そこで、今回は年少が習得すべき遊びと勉強について紹介します。

年少が習得すべき遊び

年少になると、身体や手・足が活発になり、手先も器用になってきます。
また、言葉も発達してきて、友達との関わりが増えてきます。
自分のことは、自分でできるようになり、社会性が身についてきます。

年少になると、身体を使ったりして、たくさん遊びを行うことが出来ます。
また、年少であると、ルールも守ったりすることが出来るので、友達や親子で遊ぶことが出来ます。

・ジェスチャーゲーム
順番に何かを演じて遊ぶ事で、表現力を身に着けることができます。

・風船バレーボール
ボールが落ちないように、交互にボールを相手に、飛ばします。
そうすることで、自分と対象物との距離感を図る能力や反応能力を鍛えることができます。

手先が器用になるる年少の時期には、粘土遊びも効果的です。
粘土遊びは、創造力を生むことが出来るので、子供の成長の中で、大切なことです。
パズルも、年少であると、考えながら遊ぶことが出来るのでいいですよ。

年少が習得すべき勉強

年少になると、勉強についても、興味を持つようになります。
だが、年少であると、1人で学ぶ事は難しいので、親子で勉強を楽しむことが大切になってきます。
親子で、遊びを踏まえながら、勉強をすることが必要です。

年少であると、勉強は、基本が大切になってきます。
日常生活の中で、どっちが大きいか小さいかを、学ぶ事が出来ます。
このようにして、日常生活の中で、勉強を取り入れることで、楽しみながら勉強を行うことが出来ます。

年少の時期に習得すべきなのは、基本の書く・貼る・折る・塗るです。
このような基本がしっかりできていたら、これらのことを通して、成長することができます。

まとめ

年少になると、たくさんのことに、興味を感じるようになります。
このような気持ちを大切にして、親子で勉強を、楽しんでくださいね。
たくさん学ぶことで、今後の成長に大きく関わってくるので、この時期を大切にしてください。

また、年少は基本を身に着けることが大切になってくるので、勉強を強制的に行うのはやめてくださいね。
子供のやる気を、なくしてしまう原因になってしまうので。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!