年少になると、初めて、幼稚園に通うようになります。
慣れない環境で、年少の子供が登園前にぐずったり、泣いてしまったりして登園拒否をすることがあります。
そんな時、親はどのように対応してあげたらいいのか悩んでしまいますよね。

そこで、今回は年少の登園拒否への対処法について紹介します。

登園を嫌がる理由

幼稚園に通い出した、年少の子供が、登園拒否をすることは珍しいことではありません。
今までは、自宅でお母さんと一緒に、遊びたいときに遊んだりしてきました。
それが、急に集団生活となり、環境に変化にストレスを感じてしまいます。

集団生活の中だと、好きな時間に遊べなくて、我慢しなければいけません。
また、慣れていないと、楽しんで遊ぶ事ができません。
子供は、楽しいと感じることができなくて、嫌がることがあります。

また、妹や弟がいると、赤ちゃん返りしてしまう場合もあります。
「なんで自分だけ幼稚園に行かなくてはならないの?」と思ってしまいます。
それで、登園拒否している場合も、あります。

このように、いろいろなことを感じて、登園拒否を行ってしまっている場合があります。
だからと言って、幼稚園を休ませたらいけませんよ。
年少でも、しっかり理解することはできています。

1度休ませると、癖になってしまうので、休ませないようにしましょう。
そこで、登園拒否の対処法について、お話します。

年少の登園拒否の対処法について

年少の子供が、登園拒否をしたら、まずは体調を確認してあげてください。
ストレスなどが原因であるかもしれないけれど、年少はまだ痛いところなどを、しっかり訴えることが難しいです。
きちんと「痛いところはない?」と話を聞いてあげることが、大切になってきます。

登園の時間が近づくと、「幼稚園に行きたくない」とぐずってしまう場合があります。
そんな時は、母親は楽しく、登園の準備を行ってみてください。
お母さんが、不安な顔をしていると、子供も不安になってしまうので、笑顔で接してあげてくださいね。

また、年少になって、慣れない幼稚園生活を頑張って送っています。
そんな子供に対して、「頑張って」は言わないようにしましょう。
年少でありますが、とてもプレッシャーを、感じてしまいます。

幼稚園に行く時に、「楽しんでおいで」と声を掛けて、見送ってあげましょう。
そうすることで、プレッシャーを感じることなく、登園できるでしょう。

よく、泣いてしまって困ってしまうという、お母さんの声を聞くことがあります。
泣いている時は、気をそらしてみてあげてください。
好きなテレビをみせたり、好きな話題で会話をしてあがたら、気がそれることがあります。

休日は、幼稚園のことを話さないで、子供がストレス発散できるように思いっきり遊びましょう。
そうすることで、リフレッシュすることが、出来ます。

まとめ

年少になると、幼稚園に行きはじめて、今までとは違う環境であるので、ストレスがたまって登園拒否してしまいます。
そんな時は、いろいろな方法を試して、登園拒否を対処しましょう。
他の家庭でも、同じ悩みを抱えていると思います。

そんなときは、他のお母さんや幼稚園の先生に相談してみるのもいいと思いますよ。
年少の子供の話を、しっかり聞いてあげて、親子で登園拒否を乗り切ってみてくださいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!