子供は、成長する上で、いろいろなことに興味を持つようになります。
こそで、2歳〜3歳くらいになると、数字に興味を持つようになります。
だが、どのように数字を教えるのが、効果的であるのか悩んでしまいますよね。

そこで、今回は子供に数字を教える方法とコツについて紹介します。

子供に数字を教える方法

子供が2歳〜3歳になると、いろいろな事に興味を持ち、好奇心旺盛な時期となります。
その時期に、数字について、興味を持つようになりますよね。
興味を持ち始めた時期に、数字を教えるのが、子供にとって適切な時期です。

子供に数字を教えるのは、少し難しく感じると思いますが、簡単に考えて見て下さい。
日常生活や遊びを通して、数字に親しんで貰えるようにしたら、大丈夫です。

まずは、子供が数字に慣れることが、大切です。
数字に慣れるには、○○ちゃんは何歳?や、おかしを2つ取ってね。など、日常生活で数字と触れ合ってみてください。
そうすることで、子供も自然と数字に慣れることが出来ます。

子供が興味を持ったからと行って、教えるのは、強制的にしてはいけません。
楽しみを感じながら、数字を教えてあげるのが、ポイントです。

数字を教えるコツ

子供も、学ぶことに楽しさを感じると、嫌がることなく数字を習得することが出来ます。
それには、楽しさを感じてもらうことが、大切です。
楽しさを感じてもらうには、親子で日常生活の中で、自然に取り入れることが必要です。

1〜10までの数字を教えるには、お風呂などで、数字を数えることが効果的です。
教えるのは、少し難しく感じますが、毎日の習慣の中に取り込むことで、子供も覚えることができます。
また、お菓子などを食べる際に、「3つ取って」など、数字を取り入れていくことも大切になってきます。

玩具で、数字が書かれたマグネットがあり、同じ数字のところに張り付けるものがあります。
目で見て、また、考えながら数字を学ぶことが出来ます。
同じ数字はどこかな?と言って、教えることで、身についてきます。

まとめ

数字を教えるのは、難しく感じることもあります。
だが、無理に教えようとするのではなく、子供が自然と学ぶ環境を作ってあげることが大切です。
日常生活の中で、数字を取り入れてあげることが、必要になってきます。

数字を教える方法は、いろいろありますが、親子で楽しみながらしてみてくださいね。
また、子供の成長は、個人差があるので、周りに子供と比べないようにしましょう。
比べることで、強制的に教え込んでしまったりして、子供の好奇心をなくしてしまうかもしれないですからね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!