子供が幼稚園に通い出すと、親もやらないといけないことが、ありますよね。
そこで、1番避けたいと感じるのが、幼稚園の役員決めです。
役員になると、やらないといけないことが多いので、大変ですしね。

また、幼稚園の役員決めに選出されたときの、断り方をどのようにしたらいいのか悩みますよね。
そこで、今回は幼稚園の役員決めでトラブル?断り方のコツについて紹介します。

幼稚園の役員決めの断り方のコツ

幼稚園の役員決めで、役員から避けたいけど、トラブルには巻き込まれたくないです。
ほとんどの幼稚園の役員決めは、くじ引きやじゃんけんで行います。
幼稚園の役員決めで、選出されてしまったら、よっぽどの事情がないかぎり、引き受けないといけません。

でも、家庭の事情などで、役員を引き受けることが難しいことがあります。
そのときは、きちんと理由を伝えて、円滑な断り方をすることが必要です。
また、事情によっては、免除ということも可能となっています。

免除となるケース

・未就園児かいる過程
・妊娠中

・母子家庭
・親などの介護を行っている
・役員を行ったことがある

・フルタイムで働いている

だが、仕事勤めは、有給を使用したらいいと思うお母さんも多いので、免除にならないこともあります。

免除となるケースに当てはまらない場合は、断る理由がしっかりしていれば、受け入れてもらえます。

・両親が入院していて、役員まで、できそうにない
・子供が喘息などの病気を持っており、目を話すことが出来ない

・夫の天気予定がある
・仕事やパートをしており、休みを自由にとることが出来ない

などの理由をしっかり伝えれば、円滑な断り方が出来ます。
あまりにも、自分勝手な理由で断るのは、他の方も同じ気持ちであります。
その為、受け入れられにくいので、断り方には気を付けて下さいね。

幼稚園の役割に適切な時期

幼稚園の役員決めは、親にとって、楽しみとは言えないことですよね。
幼稚園の役員決めの断り方も大切であるけど、子供が幼稚園に通っている間は、行わないといけなくなります。
そこで、役員を行う時期も、必要になってきます。

子供が幼稚園に通い始めた、年少の時期が役員を行う、適切な時期です。
なぜなら、幼稚園に通い始めたばかりであるので、年少の役員に割り当てられる仕事が比較的楽です。
年長になると、会長などもあるので、大変になってくるのは、確実です。

役員を行うことで、他のママや先生とコミュニケーションを取る機会が増え自然と仲良くなれます。
役員は大変ですけど、時期によっては、負担も減ることがあります。

まとめ

幼稚園の役員決めで、選出されてしまったが、行うことができなかったら、きちんと理由を伝えた断り方をしましょう。
断り方も大切になってくるので、言葉を選ぶことが、大切ですよ。
「絶対にできない」など、きつい断り方はやめましょう。

幼稚園の役員決めで、断り方によって、トラブルを巻き起こしてしまうことになります。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!