幼稚園に通い始めるときは、入園準備を、しないといけないですよね。
でも、どのような物を選んだらいいのか、悩んでしまうときがあります。
そこで、今回は幼稚園の入園準備品まとめについて、紹介します。

幼稚園の入園準備品

子供の幼稚園入所が決まったら、入園準備を、行わないといけないですよね。
幼稚園から、指定のある物もありますが、ほとんどは、親が入園準備を行わないといけないです。
入園準備品には、大きく別けて3つあります。

このような物が、幼稚園の入園準備で、必要です。
幼稚園によっては、その他に準備を行わないものもあるので、しっかり確認を行ってくださいね。

どのような物が適切なの?

幼稚園の入園準備を行うには、子供が毎日使うものなので、使いやすい物を選んであげてください。
キャラクターものに頼らずに、お母さんの手作りの物なども、子供は嬉しいはずです。

お弁当箱グッズは、お弁当は子供が食べ切れるサイズを、選びましょう。
また、開け閉めしやすいお弁当箱が、おすすめです。

お箸やスプーン・フォークは、子供の年齢に合ったものを、選んであげてくださいね。
また、深さが浅すぎるスプーンや、先が丸すぎるフォークは食べにくいので、避けるようにしましょう。
お箸やスプーン・フォーク入れは、子供が簡単に行うことが出来るのが、適切です。

歯磨きセットでは、歯磨きはしっかり年齢にあったものを、選びましょう。
コップは、プラスチィックで、取っ手があるのがベストです。
履物は、サイズがあったものを選び、また無地のに、お母さんが刺繍したりしてみるのもいいです。

雨の日グッツの、レインコートや傘や長靴も、しっかり年齢に合ったものがいいですね。
はさみは、握り易くて、開閉しやすいのがいいです。
はさみの使い方や、渡し方をしっかり教えてあげることも、大切です。

のりは、容器の口が大きい方が、子供は使いやすいです。
クレヨンは、無理なく、書けるのがいいですね。
また、発色がよくて、太めのがおすすめです。

ひも付きタオルは、いろいろなキャラクターのが、売っています。
でも、簡単に作ることが出来るので、手作りしてみてもいいと思います。
袋なども、手作りしてもても、いいと思いますよ。

きちんと収納すること出来る、大きさにしとくことが、ポイントです。
出し入れしにくいと、子供が困ってしまいますしね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!