子供を幼稚園に通わせようと思うが、2年保育と3年保育どちらにしようか、悩みますよね。
また、2年保育と3年保育のメリットとデメリットが、どのようにあるのか、いまいち分からないです。
子供の為に、いろいろ考えてしまって、判断が難しくなる親も多くいます。

そこで、今回は2年保育と3年保育のメリットデメリットについて紹介します。

2年保育のメリットとデメリットについて

2年保育のメリット

・親と長く一緒にいたので、子供も精神的に安定している
・友達同士のトラブルが少ない

・早生まれの子供には、丁度いい
・先生の言うことが理解できる
2年保育は、親と長く一緒にいる時間が長いので、子供との絆を深めることが出来ます。

2年保育のデメリット

・同じ年齢の子供と触れ合う機会が少ない
・集団生活で、学ぶ事が少ない

・3年保育から通園している友達との輪に入れるか不安
・3年保育の子供との差がついてしまうのでは?と母親が不安になる
2年保育は、このようなデメリットがありますが、親の対応によって、解消されることがほとんどです。

3年保育のメリットとデメリット

3年保育のメリット

・親以外の大人や同年齢の子供と早くから触れ合える
・友達とのトラブルや集団生活で、学ぶ事が出来る

・友達との関わりが増える
・ママにも自由な時間が増える
早い時期から、友達と関わることで、多くのことを学び、身に付くことが出来ます。

3年保育のデメリット

・まだ、言葉の発達途中であるので、友達との意志疎通が難しい
・子供同士のトラブルが多くある

・幼稚園によっては、早くに帰ってきたりして、送迎やお弁当の費用がかかる
早くから通わせることで、デメリットもありますが、早くから学ぶことが出来ます。

まとめ

2年保育と3年保育のメリットとデメリットがありますが、子供の状態を見て、判断したらいいと思います。
また、子供の性格が、少しおしとやかであったりして、親にも余裕があるのであれば、2年保育にしてみたりしたらいいですね。
子供が、同じ年齢の子に早くに興味を持つようであれば、3年保育を考えてみたらいいと思います。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!