子供が、幼稚園や保育園に通い出すと、ママ友が出来ますよね。
でも、ママ友とは、子供の通う場所が一緒であるだけで、どのような付き合い方をしたらいいのか悩みます。
また、ママ友とのトラブルは、回避したいですよね。

そこで、今回はママ友との付き合い方とトラブル回避のコツについて紹介します。

ママ友との付き合い方

子供が出来ると、自然とママ友が、出来ますよね。
でも、ママ友であったら、どのような付き合い方をしたらいいのか悩むときがあります。
やはり、あまり深く干渉しないことが、大切になってきます。

・家庭の話はしない

ママ友や旦那さんの学歴や勤め先や年収などの、個人的な内容には、触れないようにする。
やはり、自分より上であったりしたら、嫉妬という感情を持ってしまい、うまく付き合うことができないので。

・教育方針が似たママ友と付き合う

家庭によって、教育方針は異なってきます。
習い事などを、していたり、していなかったりするので、口出しはしないようにしましょう。

ママ友との付き合い方で、無理をしてはいけないです。
価値観の似たママと付き合うと、気楽でいられるので、いいですよ。

・上手に断ることが出来る

付き合い方で、難しいのが、誘いを断ることですよね。
でも、無理して付き合っていると、疲れを感じてしまうので、来客があるなど上手に断っていきましょう。

ママ友とのトラブル回避のコツ

ママ友と上手な付き合い方ができたら、次はトラブルを回避したいですよね。
何かトラブルがあると、今後の付き合い方に、大きく関わってきますしね。

・笑顔で挨拶

やはり、挨拶は人としての付き合い方の中で、最も大切になってきます。
きちんと、挨拶を行うことで、お互いが気持ちよく過ごすことができます。

・悪口や噂話をしない

悪口や噂話をしていると、いつかは本人の耳に、届いてしまいます。
そこから、トラブルに、発展してしまうこともあります。

悪口や噂話を耳にしても、自分から人に話したり、しないようにしましょう。
「そうなんだ」や「知らなかった」などと対応して、聞き流しとくことが大切です。
噂などを好むママ友との付き合い方に、慎重になって、トラブルに巻き込まれないようにしましょう。

・子供同士の喧嘩にあまり敏感にならない

子供は、玩具の取り合いなどで、手が出てしまうことがあります。
それは、子供の成長過程で必要なことであるので、親が敏感になってはいけません。

子供が相手に手を出してしまったら、きちんと子供と一緒に、謝りましょう。
また、子供が被害にあってしまったら、きちんと謝罪を受け入れるようにしましょう。
このようなことを、他のママ友に言ったりすることで、トラブルの原因となるので、やめましょうね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!