子供を、幼稚園に通わせるのに、面接を行うことがありますよね。
実際に、どんなことを聞かれるのかや、答え方はどのようにしたらいいのか悩みますよね。
そこで、今回は幼稚園の面接の内容と答え方のコツについて、紹介をします。

幼稚園の面接の内容について

幼稚園の入園に伴い、面接を行う、幼稚園があります。
だいたいは、子供の成長過程や、人間関係が築けているかを見る為の質問がされることが多いです。
その為、幼稚園の面接内容は、どこも似ています。

子供への質問と大人への質問がある場合がほとんどです。

子供への質問

・先生との挨拶を行い、名前と、年齢を聞かれる。
・今日は誰とどのようにして、来たのか?
・いつも何して遊んでいるのか?
・先生がおもちゃを使って何かを行い、それを真似できるか実際に子供にやってもらう

幼稚園によっては、子供の行動観察テストを、行うことがあります。
子供だけ、数人ずつ個室の中に入って、遊びます。
その中で、おもちゃを使ってどのように遊ぶかや集中力や発達具合などを、観察する為に行うことがあります。

親への質問

・なぜ、この園を志望したのか
・園の特色について問題はないか

・その幼稚園の教育方針に従うことが出来るか
・幼稚園に何を望んでいるのか
・子供の良いところと、困っているところ

・アレルギーなどはないか
・トイレトレーニングはどの程度進んでいるか
・言葉の発達はどうか

・衣服の着脱・食事は一人で行うことができているか
・同年齢の子供と遊ぶ機会はあるか

だいたいは、このような内容の質問をされることが、多いです。
また、幼稚園であるので、穏やかな雰囲気であることが多いですよ。

幼稚園の面接での答え方のコツ

幼稚園の面接では、服装や身だしなみも最も大切になってきますが、基本的なことがきちんとできるかが大切になってきます。
子供への質問がありますが、まだ幼い子供は、大人の方にいろいろ聞かれては、緊張してしまいます。
そこで、答えることが出来ない子供に対して、「駄目じゃないの」や「○○でしょ」など先回りして答えてはいけません。

面接官は、子供よりも親を見ていることが多いので、注意しましょう。
また、子供には、自宅で質問の練習を行ってあげると、緊張しないで面接で答えることが出来ますよ。

最も大切なのが、きちんとした受け答えや、挨拶を行うことが出来るかです。
その中で、落ち着きがあるか、人の話を聞くことが出来るのかを見ています。
日常生活の中で、基本的なことをしっかりと教えてあげることで、子供は自然と答えることが出来ます。

面接だけ、良い格好をしようとしても、多くの家族を見てきている面接官をだますことはできません。
面接のときの答え方は、日常生活がとても影響してくるので、きちんと答えるようにするには、生活の中で教えていくことが大切です。

まとめ

幼稚園の面接は、大人も子供も緊張してしまう、場面ですよね。
そんなときこそ、親が飾らないで、自然でいると、子供も安心して普段に自分自身を出すことができます。
また、面接では、子供に基本が身についているかを確認する質問が多いです。

普段の生活のなかで、基本を身に着けられるように行うことが、大切になってきます。
そうすることで、子供も、幼稚園の面接時にしっかり答えることが出来ますよ。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!