年少になると、絵本に興味を持ち始める、年齢ですよね。
でも、年少には、どのような絵本を読んであげたらいいのか悩みますよね。
そこで、今回は年少(3〜4歳)におすすめの絵本まとめについて、紹介します。

年少に合った絵本の選び方

年少にあった絵本選びで大切なのは、ストーリーよりも、絵で興味を引く絵本がおすすめです。
年少の子供は、理解力が少しずつ成長しており、お話を理解することが出来ます。
だが、絵を見て、より話しのストーリーを理解していきます。

子供の目線で丁寧に書いてある、絵本を選ぶように、していきましょう。
また、絵本の読み聞かせをしているときに、子供が早くページをめくったりすることがありますよね。
それは、絵に興味を示しているからです。

その時は、読める範囲で読んであげて、子供のペースで絵本をよんであげたらいいです。
興味を示しているので、そん行為を否定しないで、付き合ったみてくださいね。

年少におすすめの絵本

・ぐりとぐら…

森の動物たちは、喧嘩などをしないで、協力しあって生きていくことを感じさせてくれる絵本です。
平和でほっこりした絵本を読んであげることで、優しい気持ちを育てることが、出来ます。

・からすのパンやさん…

年少が興味を引く、からすとパンの組み合わせが良い、絵本です。
絵本いっぱいに面白いパンの絵が、描かれているので、子供は興味を示してくれること間違えありません。
どんなパンを作りたいかなど、親子でコミュニケーションを楽しみながら、読むことができる絵本です。

・はらぺこあおむし…

おしゃれな色合いの絵がたくさんあるので、子どもの目を惹きつく、絵本です。
また、絵本の途中に、穴の開いている仕掛けは、年少の子供にとっては、面白くて何度も指を入れて楽しみます。
最後には、蝶に成長するシーンの色が美しくて、子供を引き付ける絵本です。

・はじめてのおつかい…

年少になると、お母さんのお手伝いをしたくなる、時期です。
子供の体験を元に作った絵本であり、とてもさわやかな内容であるので、子供に興味を持たせてくれる絵本です。

まとめ

年少の子供は、長い間絵本を聞いているのが、少し難しい年齢です。
その為、絵本の絵に興味を持つことが出来る絵本を、読んであげることが大切です。
また、色使いや絵の面白さを感じる絵本を、選んでみてください。

年少には、絵本の楽しさを感じることが出来ることが大切であるので、子供のペースで読んであげてくださね。
親子で、楽しながら絵本の時間を過ごすことが。できますよ。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!