子供の成長には、絵本の読み聞かせが、良いと言われています。
だが、年中にはどのように本を読んであげたらいいのか、悩んでしまいますよね。
子供の年齢に合った、絵本選びは、とても難しく感じます。

そこで、今回は年中(4〜5歳)におすすめの絵本まとめについて、紹介します。

年中に合った絵本の選び方

年中になると、成長して、いろいろな知識などを身に着けていきます。
また、年中は性格や個性も出てくる時期でも、あります。
このような時期に、ピッタリな絵本を選ぶことが、大切になってきます。

年中になると、聞き覚えたセリフなどをつなげたり、頭に浮かんだ話を語ったりすることもあります。
このようなことをするのは、想像力を広げるのに、大切なことです。
想像から創造へ導いてくれるので、年中の時期には、空想の世界を楽しめるような絵本がおすすめです。

年中の子供は、絵本でのお話を、現実として受け入れようとします。
また、主人公になったかのように、絵本にのめり込むこともあります。
疑似体験として、とらえることができる絵本も、年中の時期におすすめですよ。

絵本は、とても楽しいものであると感じてもらうことも、大切になってきます。
年中には、ストーリーが面白い絵本を、選ぶことが必要です。

おすすめの絵本

・けんかのきもち…

子供同士の喧嘩を通じて、気持ちが深まっていく、子供同士の関係を描いた絵本です。
子供の本来の表情や気持ちが、しっかり表現されているので、子供が共感することが出来ます。

・ごめんね…

大の仲良しのうさぎとくまくんは、ある日キラキラ光るものを見つけて、喧嘩をしてしまいます。
喧嘩をしたときの、仲直りの仕方を、上手に子供に伝えることが出来る絵本です。

・ポポくんのミックスジュース…

かばのポポ君は、友達と一緒にジュースを作ります。
いろんな果物やはちみつやチョコを混ぜて、色鮮やかさを楽しませてくれます。

・おこる

毎日怒られているので、誰もいないところへ行ったら、寂しさを感じてしまった。
怒った後は、心がどんよりしてしまうから、怒らない人になりたいと思う。
人の気持ちを考えることが出来る絵本です。

まとめ

年中になると、創造力が豊かになり、人の気持ちを感がることはが出来る年齢です。
その年齢に合わせた絵本を読んであげることで、子供もいろいろ考えたりすることが、出来ます。
年齢に合わせた絵本で、友達との関わり方を、学ぶ事ができます。

絵本は、子供の成長過程で、最も大切になってあげるので、読み聞かせてあげましょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!