子供が、幼稚園に入園すると、親にも役員という仕事があります。
実際に役員とは、どのような仕事をするのか分からなくて、不安に感じてしまいますよね。
そこで、今回は、幼稚園の役員が行う仕事はどんなものがあるのか紹介します。

幼稚園の役員はどのようなのがあるの?

子供が、幼稚園に入園したら、親もホット感じますよね。
でも、親にも、役員という仕事が回ってきます。
初めてであると、どのようなのがあるのか、疑問に感じますよね。

クラスで、大体役員は、1人〜2人ずつ選出されます。
1年間は、その役員の仕事を行うことになるので、しっかり責任を持って行わないといけません。
また、1ケ月に1回くらいの頻度で、幼稚園に行って、集まらないといけません。

役員は、会長・副会長・書記・会計・学級役員があります。
役員によって仕事内容も変わってくるので、仕事内容の説明を行いますね。

各役員の仕事内容について

幼稚園の役員になったけれど、どのような仕事をするのか分からないと、不安ですよね。
役員によって、仕事内容は大きく変わってくるので、把握しておくことが大切です。

会長…

役員会の代表であり、年長組から選出されます。
幼稚園のイベント時に、挨拶を行ったり、全体の指示・まとめ役を主としています。

副会長…

会長の補佐を行い、現場の指揮が主な役割となってきます。
    
また、運動会やバザーなどの、イベント時の設営などの指示を行います。

書記…

会議の際に、内容を書きとめるのが、主な仕事です。
幼稚園によっては、手書きであったり、パソコンを使用したりするので、しっかり確認を行いましょう。

会計…

イベント時などのお金の管理を行い、銀行でお金の出し入れを行います。
出納帳の記入も、しっかり行わないと、いけないといけません。

学級委員…

クラスの代表であり、クラスの懇談会の司会などを行います。
年に数回出番があり、人前で話すのが苦手ではない方が適しています。

また、幼稚園によっては、この他に役員があるかもしれませんが、だいたいは、このような役員が主です。

まとめ

幼稚園に役員は、大変というイメージがありますが、1度経験していると、だいたいの仕事を把握することが出来ますよ。
また、他のお母さんとも、コミュニケーションを取る機会も増えるので、仲良くなるチャンスです。
幼稚園の役員は、大変な部分もありますが、日常生活にあまり影響することはないので、選出されても落ち込まないようにしましょう。

幼稚園のことに関わるのであるので、楽しさなどを感じることが。できますよ。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!