ひらがなやその他知育の体験談を教えてください。

文字は小学校で習うものと考えていたので、積極的に教えることは一切しませんでした。

文字に限らず、遅かれ早かれいずれ必ず覚えること(色の名前、かたちの名前、足し算、引き算など)について、
早い段階から積極的に教えるのは、単に親の自己満足のような気がするからです。

ただ、子供が興味を持ったら、丁寧に教えるようにしていました。
幼児のうちは、親子でたくさん会話をして、その中から、いろいろなことを自然に学んでいくのが一番理想的だと思います。
ドリルを見て、色の名前を覚えるより、母親から優しく自然に教わった方が何倍も貴重なのではないかと思います。

通信教育や幼児教室などを一切していませんでしたが、そのかわりに、本は積極的に読み聞かせていました。
自分で買い与えるのは限界がありますので、しょっちゅう図書館に行っては何冊も借りて読みました。
家にある本は暗記してしまうほど何度も読みました。

もう、小学生になって、自分で本を読めるようになりましたが、
いまだに読み聞かせは喜びます。
自分で読むのとはまた違った楽しみがあるようです。

親子で同じ本を読むと、それだけ会話もはずみ、毎日が楽しいです。

させている習い事の感想効果や理由を教えてください。

小学校低学年までの勉強は、学校の勉強だけで十分だと思っています。
もし、そこでつまづいたのなら、親が教えるのが一番だと思います。

小学校でやる以上のことを子供に詰め込ませるのは、小さいうちはかわいそうだと思い、子供が自分からやりたがらない限り、宿題以外の勉強はさせていません。

そのかわり、体を動かすことは大事だと思い、サッカーをやらせています。
今の子供は、放課後もお友達と家の中で遊びたがるので、週に2回ほど、外で思いっきりサッカーをするというのは、
いい運動になり、必要なことだと思っています。

うちの子はそうでもしないと、あまり積極的に運動をしたがらない子なので、特に意識的にスポーツ系の習い事を考えました。
サッカーはそれほど上達しませんが、週に何度かお友達と一緒に楽しく体を動かすのは、本人も楽しいようで、
やらせてよかったと思っています。

チームの競技は、それだけ仲間との関わりが濃くなるので、トラブルもないわけではありませんが、
その分、結びつきも強くなり、仲間意識が芽生え、現代の子供には必要なのかなと思っています。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!