ひらがなやその他知育の体験談を教えてください。

まず、日ごろからひらがなに慣れるように、お風呂にひらがな表を張ったり、押すと音の出るひらがなのおもちゃを買いました。

お風呂の表は、毎日湯船につかっている間に最初は絵を見ながら読み方の練習、だんだんと慣れてきたらひらがなの読み方を教えて、
最終的にはクイズ形式で『「あ」はどこでしょう?』と本人に指さしをさせるようにしました。

お風呂にも長い間入っていられるし、勉強というよりも遊びの中で親子で覚えられるので楽しくできました。

次に、音の出るひらがなのおもちゃは、買う時に濁音・半濁音がきちんとそろっているものを選びました。
始めの方にはあまり使いませんが、だんだんと字が読めるようになってきたころに、濁点が別ボタンになっている
ややこしいタイプではつまずいてしまいます。

ひらがなと並行して、簡単な工作や折り紙、ブロック遊びをよくさせていました。
男の子なのでもともと興味もありましたが、はじめの方はブロックで何かを作っても
平面の物ばかりだったので、だんだんと立体感覚が備わってきて、大きな作品を作れるようになりました。

工作や折り紙を手先を使うので、知育に役立ったと思います。

させている習い事の感想効果や理由を教えてください。

保育園のころはわざわざ習い事をしなくてもいいと思っていたので、本屋さんに売っている学研やくもんから出ているひらがなやカタカナ、数字や工作の本を定期的に購入して、休みの日などにやらせていました。

小学校に入ってからは、今の小学校がどんなことをしているかもわからなかったので、進研ゼミの「チャレンジタッチ」という通信教育を選びました。

私がペーパードライバーで、下にも2人子供がいたので、送り迎えの必要な習い事は初めから考えていませんでした。
小学校から学習塾が必要とも思っていませんでしたが、何か家で勉強するなら紙ベースで一回限り物のよりタブレットで繰り返しできるものがいいと思って選びました。

始めたころは興味があったので毎日コツコツというよりは2~3日で一か月分をまとめてやったり、ゲームなど他のことに夢中になると全くやらなくなったりとムラがありましたが、ポケモンとコラボしたアプリがあったり、がんばりシールを集めることを目標にして、きちんと身につくような学習ができています。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!