子どもが、春から小学校に入学すろことになると、小学校準備を行わないといけません。
でも、小学校準備を先取りしてもいいのか、悩んでしまいますよね。
そこで、今回は、小学校準備先取りのメリットデメリットについて紹介します。

小学校先取りのメリット

小学校に入学するときは、たくさん準備を行わないといけないので、小学校準備を先取りしたいですよね。

だいたいの小学校では、1月の後半〜2月に、学校説明会が行われるところがほとんどです。
その前に、準備を行っていても、大丈夫な物を紹介します。

必ず必要となるのが、ランドセルです。
小学校の期間、6年使用するので、丈夫なものを選んであげたいですよね。

でも、今では、色やデザインがいろいろあるので、早めに準備を行った方がいいです。
入学前では、欲しいデザインが売り切れとなることもあるので、夏頃には、準備をするのをおすすめします。

文房具は、必需品となるので、先取りで準備をしてもいですよ。

・筆箱、鉛筆、消しゴム。鉛筆キャップ、赤鉛筆、はさみ、定規、下敷きは、必需品となります。
そのため、早めに準備していると、安心するので、いいです。

手提げかばんや、上履き入れなども、大きさはだいたい同じのが販売されています。
その為、早めに準備しても、大丈夫ですよ。

小学校先取りのデメリット

小学校準備を先取りすると、学校指定の物を使用しないといけなっかったりするので、注意が必要です。

主に、粘土・ノート・鍵盤ハーモニカは、学校指定のを購入することもあるので、学校説明会後に準備しましょう。
早めに準備してしいまうと、使用しない場合も出てくるので、勿体無いです。

クレパスは、太いのと細いのがあるので、確認をする必要があります。
のりは、学校によって、スティックのりは使用しない学校もあるので、確認が必要です。
上履きは、先が赤いタイプを使用してもいいのか、確認してみましょう。

小学校準備を先取りしてしまうと、学校指定のものとかぶってしまうこともあります。
先取りをしてもいいのと、後日購入が望ましいのがあります。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!