子どもは、いろんなことに、興味が出てきますよね。
その時には、カタカナにも、興味を示すときがあります。
いつから、カタカナを教えてあげたらいいのか、悩んでしまいますよね。

そこで、今回は、カタカナはいつから読み書き練習すべき?につて紹介します。

カタカナはいつから?

カタカナの練習を行う時期は、ひらがなの読み書きが出来るようになってからです。
カタカナは、書いたりするのは簡単に見えますが、子どもからしたら、見た目が似ているので識別が難しいです。
その為、子どもが興味を持っていないと、覚えることが難しくなります。

子どもが、カタカナの読み書きに興味を持ったら、カタカナを教えてあげるタイミングです。

ひらがなの「ぱ」や「しゃ」などの区別がついてきたときも、カタカナを覚えるタイミングですよ。
カタカナもイメージしやすいので、子どもも、覚えやすくなります。

他の子供が早い時期から、カタカナの読み書きが行えるからと言って、焦らないようにしましょう。
小学校に入学したら、自然と覚えるようになるので、安心してくださいね。
無理やり、カタカナの読み書きを行うと、子どもも楽しく感じなくなるので、注意して下さいね。

まずは読みから教える

ひらがなも同じですが、子どもに文字を教えるのは、読みから覚えさせる方がいいですよ。
読むことで、文字を覚えて、書くことができます。
子どもに読み書きを教えるには、日常生活の中から取り込む方が、自然と学ぶ事が出来ます。

お風呂場に、ポスターを貼ったりするのも、おすすめです。
ポスターの文字は、カタカナのみか、ひらがなが小さ目で、カタカナの方が大きい方がいいです。
ひらがなが大きいと、ひらがなにばかり、目が行ってしまいますしね。

また、おままごとなどにも、カタカナを取り入れるといいですよ。
メニュー表を作って、「ケーキ」や「オムライス」など読む練習をするのもおすすめです。
遊びながら、カタカナを覚えることが出来るので、子どもも楽しむことが出来ます。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!