子どもを幼児教室に通わせたいけど、母子同室と母子分離どっちが良いのか悩みますよね。
母子同室と母子分離では、どのようにして決めたらいいのか、分からないと言う親も多くいます。
どっちにも、いい点があるのは、確かです。

そこで、今回は、母子同室と母子分離 幼児教室はどちらがおすすめ?について紹介します。

母子同室のいい点

母子同室は、親子で学ぶことが出来るので、親子の時間をより一層持つことが出来ます
親も一緒に、幼児教室に参加することで、どのような内容の授業をしているのか、知ることができます。

その為、親も安心して、子どもに幼児教育を受けさせることが出来ます。

母子同室の幼児教育であると、親も、子どもの成長や能力を実際の感じることができます。
自宅でも、子どもとのコミュニケ—ション方法や、幼児教室の内容に合った遊びをすることが出来ます。

親も、子どもの能力を知ることが出来るので、それに合わせることが出来ます。

母子同室の幼児教室であると、同年齢のお母さんと、コミュニケーションを取る機会が増えます。
その為、普段疑問に感じていることなども、相談したりして、親同士が仲良くなります。
また、先生とも話す機会が増えるので、悩みなども相談することが出来ます。

母子同室の幼児教室は、親子で一緒に学んで、成長することが出来ます。
子どもも親がいることで、安心して、学ぶことが出来ます。

母子分離のいい点

母子分離の幼児教育は、母子同室と違い、親と離れることになるので、子どもが泣いてしまったりすることがあります。
でも、そんな時は、きちんと先生が対応してくれて、子どもも気持ちを切り替えることが出来ます。
母子分離は、子どもだけの空間であるからこそ、経験出来たり、学んだりできます。

1番大きいのは、子ども同士で、コミュニケーションを取る機会が多いので、言語の発達が著しいです。

また、そこから、人との関わり方を、しっかり学んでくれます。
親に頼らないで、子ども自身で、考えたりすることが出来るようになります。

自分のことは、自分でするということがしっかり出来るようになります。
親からしたら、少し寂しく感じるかもしれませんが、子どもが成長する大きなチャンスですよ。

母子同室とは違って、子どもだけであるからこそ、学ぶ事が多くあります。

母子同室、母子分離どちらにする?

幼児教室の母子同室と母子分離は、子どもの成長過程や性格などで、決めてもいいと思います。
まだ、大人数の中で学ぶことが難しいようであったり、大人しい性格であったら、初めは母子同室でもいいと思います。
子どもが楽しく幼児教室に通うことが大切であるので、慣れるまで、親と一緒でもいいでしょう。

多くのことに興味を感じたり、コミュニケーションを少しずつとれるようになってきたら、母子分離をおすすめします。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!