子どもには、しっかりと勉強をして、いい学校に入学して欲しいと思う親は多いですよね。
でも、小学校受験をして、本当に子供の為なのかと不安に感じることもあります。
実際に、メリットもあれば、デメリットもあります。

そこで、今回は、小学校お受験するメリットとデメリットについて紹介します。

小学校お受験をするメリット

子どもには、しっかりと勉強を学んで欲しいと思い、小学校お受験をさせる家庭は、多くあります。
やはり、小さいときからしっかりと、勉強をしていると、多くのことを学ぶことができます。

小学校お受験をするメリットで、1番大きいのが、大学まである学校であれば、大学までエスカレートに進むことができることです。

公立の小学校、中学校を卒業すると、高校・大学と受験を行わないといけません。
小学校お受験を行うと、1〜2回しか受験をしないでいいので、子どもものびのびした環境で、学ぶ事ができます。

また、スポーツや趣味に、打ち込むことも出来ます。
大学まで、同じ環境の中で過ごすので、友人との絆も深まることができます。

小学校お受験を行うことで、私立であるため教師の質も高いと言われていますし、学ぶ学友達の家庭環境もよいです。

教師の質が高いと、質の高い教育を、受けることが出来ます。
名門小学校であれば、小学校時代から名門家庭の子と友人関係を結んでおく事で、生涯にわたって貴重な財産を得られます。

小学校受験を行うことで、多くのメリットがありますよ。

小学校お受験をするデメリット

小学校お受験をすることで、やはり、デメリットもあります。
幼児期の時から、習い事を行わないといけないので、子どもも遊ぶ時間が少なくなってしまいます。

また、習い事に親も付きっきりとなることが多いので、親の時間もなくなります。

子どもも親も、自由な時間が少なくなってしまって、ストレスを感じやすくなります。
また、習い事も、家庭によっては、多数通わせていることもあります。
その為、費用も多くかかってしまいます。

私学の小学校に行くと、大学までエスカレートであるので、公立に比べると多額のお金がかかります。

小学校お受験を行うことで、デメリットを強く感じるのは、金銭面であります。
家庭の事情で、お受験を行うことが、難しい場合もあります。

デメリットもあるので、しっかり考えて、小学校お受験を決めて下さい。
メリットばかりではなく、デメリットも視野に入れるkとが大切です。

小学校お受験まとめ

小学校お受験には、メリットもあれば、デメリットもあります。
メリットとデメリットを踏まえたうえで、小学校のお受験をするかしないか、考えたらいいいと思います。
いろいろなデメリットもあるので、しっかり親子で、考えて下さいね。

子どもに無理をさせないことも大切になってきます。
メリットもデメリットもありますが、親子で学ぶことが必要になってくるので、良い幼児期を過ごしてあげてくださいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!