子どもには、英語教育を学ばせたいと考えている親は、多くいます。
でも、英語スクールに通わせると、お金がかかってきてしまいます。
少しでも、安く英語を学ばすことが出来たら、嬉しいですよね。

そこで、今回は、子どもの英語教育のお金を安く学ばせるアイデアについて紹介します。

自宅でも英語を学ぶことができます

・challengeEnglish…

自宅で、英語を学ぶことが出来る教材です。
ゲーム形式で、話す・聞く・読む・書くを基本に学ぶ事が出来ます。
1番の魅力は、外国人の先生との、英会話レッスンを画面越しで行うできます。
          
発音レッスンや、英会話の力を身に着けれます。
ゲームもあり、英語を遊び感覚で学ぶことが出来ます。

自宅で、子どものペースで英語教育を行うことが出来ます。
その為、子どもも無理することがないので、楽しめるのです。
受講費は、1ケ月2040円〜であるので、とても安く英語を学ぶことが出来ます

・スマイルゼミ…

タブレットを使って、自宅で英語教育を、行うことができます。
また、発音も何度も聞くことができるので、正しい発音も身につくことができます。
魅力的であるのが、英語を遊び感覚で、学ぶ事ができることです。

過去に間違った問題が、優先的に出されるので、しっかりと克服できます。
しっかりと、基本を身につけることが出来るので、応用にも対応することが出来るようになります。

学習の成果も、見ることが出来るので、達成感を子ども自身で感じれます。

受講費は、1か月680円であり、とても安くから、英語教育を行うことができます。
自宅で行うので、親もしっかり確認することが出来るので、安心です。

テレビの英語教育を利用する

子どもに、英語教育を受けさせたいけれど、他の習い事を行っていたら、出費が多くなります。
少しでも、英語教育を安くしたいと、感じている親は、多くいます。
そんな時に、おすすめであるのが、NHKの英語の番組です。

NHKでは、「えいごであそぼう」や「プレキソ英語」などがあります。
それぞれに、キャラクターがあるので、親しみやすくなっています。
子どもも、英語教育に興味を持って、見てくれますよ。

どの番組も、15分ほどであるので、子どもも飽きることがない時間であるので、おすすめです。

その番組を録画して、何度も見せてあげたりしたら、いいと思います。
基本的な英語であり、発音もしっかりしています。

また、英語の発音の絵本などもたくさん販売してあるので、子どもが興味を持ってくれる絵本を数冊購入してもいいですよ。
英語を、楽しいと感じることが出来るのが大切なので、楽しく英語教育をしてあげてください。

子どもの英語教育まとめ

子どもに、英語教育をどの方法で学ばせるかは、家庭によって異なります。
どのやり方が1番いいのかは、一概に言うのは難しいと思います。
子どもが英語を楽しいと感じていないと、いくらお金を費やしても、身につくことができません。

        

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!