ひらがなやその他知育の体験談を教えてください。

まずは、ひらがなに興味をもたすようにして、例えば子供の名前に、「ひ」があるなら、街なかを歩きながら、看板とかなんでもいいので、「ひ」の見つけあいっこなどしました。 
そして、何度も書いて消せるひらがなの練習の本を本屋でかってきて、嫌にならない程度に遊び感覚でやっていました。

そうすると自然にまずはひらがなが読めるようになっていきました。また、スマートフォンやタブレットなどで、子供用のひらがなのアプリをダウンロードして、これもまた遊び感覚でやりました。

アプリなどのひらがな練習は、書き順などもでてくるのでとても練習にいいとおもいます。子供がやっていることをみていると、ついつい親のわたしがあつくなってしまいますが、そこはおさえて、あくまで「楽しく」を重点においてやらないと、子供がイヤになってしまったらそこからやらせるのは至難の業になってしまいます。

ほんとうに遊び感覚で、上手に褒めながら、そういった本や、アプリなどで、少しずつ自然におぼえさせていきました。

させている習い事の感想効果や理由を教えてください。

うちは、こどもチャレンジとバイオリンの習い事をさせていました。音楽は小さいうちにやったほうがいいとのことで、音感を育てたりするために習わせましたが、わたしがついつい熱くなってしまい、子供がイヤになってしまいました。

バイオリンは難しいので、子供が楽しく家で練習するのは難しかったです。なので小さいうちは、ソルフェージュなどの楽譜をよんだり音をきいたりくらいで良かったな、と後悔しています。結局バイオリンはやめてしまいました。

こどもチャレンジは毎日楽しくやっています。やはりプロが考えてるカリキュラムなので、その月齢や年齢にあった内容で、無理なく楽しくやれます。自分から、チャレンジやらないと!ってやっています。出来るのが嬉しいんでしょうね。

やはりこどもは、「できた!」が感じられるものがいいとおもいます。バイオリンは残念ですが、ほとぼりがさめたらまた、音楽系の習い事をさせたいとおもいます。

チャレンジは楽しくやれているので、これからもやっていきます。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!