ひらがなやその他知育の体験談を教えてください。

子どもは帰国子女です。幼稚園年長までアメリカに住んでいたので、英語は話せるものの、日本語は全くできませんでした。

下手にどちらの言語も覚えさせると混乱すると思い、アメリカにいる間は英語に集中。年長で帰国後も、まずは日本語の日常会話に慣れてもらうことを優先し、日本語の読み書きには手をつけませんでした。小学校で一から丁寧におしえてくれるので、その時に頑張ればいいかな、と。

その代わり、せっかく覚えて帰ってきた英語の読み書きは、英語維持教室に通うなどして続けさせました。それだけで本人もいっぱいいっぱいかとおもいましたので、その他の知育(計算など)は、やらせませんでした。

平日は日本の幼稚園でのびのびと。慣れない日本の幼稚園で過ごすだけでも大変かと思いましたので、幼稚園以外の習い物は一切入れませんでした。

土曜日は英語維持教室で英語漬け。その流れで週末2日間は英語のみで1日過ごす、という習慣をつけました。土日はテレビも英語に切り替え、もちろん家族の会話も英語です。

させている習い事の感想効果や理由を教えてください。

正直、日本語の読み書きを全く習得しないまま入学させるのは不安でした。周りの子は皆、ひらがな、カタカナをマスターして入学していたからです。

私立の進学校ならさておき、子供が進学したのは普通の公立小学校なので、丁寧すぎるくらいにひらがなを一からおしえてくれました。すでにマスターしている子にとっては退屈なスピードだったかもしれませんが、我が子にはぴったりでした。

まったくひらがなも計算もしていなかった娘には授業が新鮮だったようで、毎回毎回集中して聞いていたようです。毎日「今日こんなこと習った!楽しかった!」と目を輝かせて帰ってきました。退屈だったとは一度も言ったことがありません。

1年目は周りより遅れるのはしょうがないかな、と思っていましたが、1年生が終わる時点で娘の成績はクラスでもトップレベルになっていました。

先生曰く「とにかく授業中の集中力がすごい」とのこと。もし娘が、ひらがな、算数の先取り学習をしていたらこうはならなかったと思います。知らないことを学校で学べる嬉しさから、授業に集中していたのではないかと。

幼児期から先取り学習もいいのですが、私は学校で教えてくれる学習は敢えて先取りせずに学校に任せることにして、学校でおしえてくれないその他の知育(うちの場合は英語でしたが)に力を入れるのもいいのではないかな、と思いました。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!