ひらがなやその他知育の体験談を教えてください。

 私はもともと早期教育には反対です。幼稚園もお勉強があるところをさけて、遊び中心のところをみつけました。その幼稚園は「子どもの仕事は遊ぶこと」という考えで、自由に遊ぶ時間がたくさんありました。

ただ一つ「友達が嫌だと言ったら、それはもうしない」というお約束だけがありました。ここで子ども達はコミュニケーション力をつけ、自由に遊ぶことによって創造力をつけたと思います。

おもちゃは木のおもちゃをそろえて、プラスチックのものや電子音のするものはさけてきました。子どもは自然のものに触れさせるのが一番だと思います。木のおもちゃに触れて育った子は情緒的にとても落ち着いているように思います。

とくにおすすめはフレーベルの積み木です。木に触ることで落ち着くのももちろんですが、とてもよく考えられていて、この積み木でたくさん遊んだ我が子は小学生になった今、図形の問題がとても得意で、数学的な考えがしっかりしています。

その場ですぐ効果が目に見えるものではありませんが、長い目でみて子どもをのばす遊びは自然の中での遊びや自然に近いおもちゃでの遊びだと思います。子どもが小学校6年生になった今、特に痛感しています。

 言葉についても同様で、絵本や児童書を親が自分の声で読み聞かせることによって子どもはとてもよく成長します。特別な塾に行かせたりさせずに読み聞かせをすることによって我が子はほかの子どもの知らないような語彙をどんどん身につけました。

そうして読み聞かせをしていくうちに、自然に子どもがひらがなについても興味を持ち始めました。ひらがなを書きたがっていたので、そこで初めて知育的、な「しまじろう」のひらがなを書くおもちゃを与えて、ひらがなを教えました。
 

させている習い事の感想効果や理由を教えてください。

上の子は女の子で絵をかくのがとても好きだったので、絵画造形教室に通わせました。

好きだからさせましたが、何もないところから一から始める、というのはとても頭を使うことです。ただお勉強が出来るとかいうことではなく、創造力を養っていくことで、将来仕事をしていく時に、ただマニュアル通りにするのではなく、自分のアイデアを出すことのできる人間に育つのではないかと思います。

下の子は男の子だったので体を十分に動かすことが必要だと考え、体操スクールに通わせています。ここでもただ体操が上手になるだけではなく、いろんなことを学んでいると思います。まずは大きな声であいさつをすることで社会性が身につき、昇班テストや発表会などの場で緊張する場面を何度も体験することで、精神的な強さをつけることが出来ていると思います。

また、男の子の場合は特に、勉強が出来るだけではなく運動も上手な方がクラスの中で自信をもってふるまえるように思います。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!