今まで、仕事を行っていた女性には、育休とは、とても貴重な休みですよね。
子どもとじっくり向き合うことが出来て、家事なども、時間に追われることなく行うことが出来ます。
でも、育児復帰に向けて、やっておくべきことを整理して準備を行っていないと、育休復帰で大変な思いをします。

そこで、今回は、育休復帰に向けてママがやっておくべきこと3つについて紹介します。

育休復帰に向けてやっておくべき3つ

育休復帰に向けて、生活リズムを変えていかないと、家事と育児と仕事の両立が難しくなります。
その為には、育休復帰前にしっかりと、やっておきべきことを計画的にする大切です。

1つは、食事の効率化です。
仕事を終えて、ゆっくり休む暇もなく、食事を作らないといけません。
子どももお腹を空かせているので、早く作りたいけど、栄養バランスも考えていたら、時間がかかってしまいますよね。

買い物のコツ

・何日か分の献立を考えてから、休みの日にまとめ買いを行っておく
・ネットスーパーや個人配達などを活用する

レシピのコツ

・時短で作れるメニューをたくさん覚えておく
・保存のきくレシピを活用する

このようなことを行って、食事を作る時間を短縮していきましょう。
育休中に、身に着けておくと、育休復帰を行った後、とても助かりますよ。

2つ目はパパとの役割分担を決める
お母さん1人ですべてを行おうとすると、とても大変です。
パパとしっかり話し合って、家事や育児を分担して、やっておくべきことを決めることが大切です。

パパには、食事の後の洗い物や、子供と一緒にお風呂に入ってもらったりしましょう。
パパの帰ってくる時間が遅いと少し難しいかもしれませんが、そんな時は、ゴミ出しや子供の保育園の送り出しなどをお願いしましょう。

3つ目は緊急時に頼れる場所を作る
保育園に行くと、風邪などで、急に仕事を休まないといけないときがあります。
また、保育中に熱が出たりすると、途中で保育園に迎えにいかないといけません。

子どものことは心配であるけれど、途中で仕事を抜けることが出来ない時が、出てくることもあります。
そんな時に、近くに住んでいる両親などに、お願いできる体制を取ることが大切です。
両親が近くにいない場合は、ファミリーサポートなどの、登録を行ってみるのもいいです。

いつから準備を行う?

以外にも、育休復帰に向けてやっておくべきことがあります。
その準備は、育休復帰の1か月〜2か月前くらいからやっておくといいですよ。
身体も慣れてくるので、育休復帰してからの負担が、軽減します。

また、育休復帰をすることで、保育園の時間が早くなるときは、生活リズムもしっかり整えましょう。
子どもも、急に早起きを行うことは、育休復帰に向けて、やっておくべきですよ。

まとめ

育休復帰に向けて、やっておきべきことは、たくさんあります。
やっておくべきことは多いですけど、少しずつ行っていったら、いいと思います。
だが、育休復帰に向けてやっておくべきこと全てを、完璧に行わなくてもいいと思いますよ。

少しくらい手抜きを行う気持ちで、行った方が、気持ちが楽になります。
仕事を行いながら育児や家事をするのは大変ですが、周りの助けも借りながら、頑張ってください。
やっておくべきことをリストアップすると、スムーズに行うことが、出来ますよ。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!