子供は、成長していく中で、自分でやりたいと自己主張が増えてきますよね。
特に洋服を着替えている時に、自分でする!と言ってやらしても、なかなか上手くいかなくて、子供も親もイライラしてしまう時があります。
それは、両者にとって悪循環になってしまいますよね。

そこで、今回は子供の着替えの教え方と練習法について説明します。

自分で着替える適切な時期

自分で何かをしたいと意欲が芽生えてくるのは、個人差もあると思いますがだいたい2歳から2歳半です。
手先の動きも器用になってきて、子供もいろいろなことに興味が出てくるからですね。
その時期に、お着替えを自分でする!という子供が多いです。

その時期を大切にさいて、お着替えを行ってあげると1人で出来るようになりますよ。
でも、それには、いろいろな方法で練習を行うことが大切になってきます。

やはり、自分でしたいのに出来なかったら、子供もイライラしてしまって、親が手伝ってしまいますよね。
それでは、子供の為にならないので、手助けしてあげることが大切です。
そこで、教え方と練習方法が必要です。

子供の着替えの教え方と練習方法

子供がしたいと意欲が出たら、まずは親は手伝わないで見守ってあげましょう。
目安は5分くらいがいいですね。
でも、その前に着替えやすい服装を用意してあげとくのがポイントとなってきます。

おススメの服装
・ゆとりのある服装
・ボタンのついていない服
・前なキャラクターなどがついていて、前後がしっかり分かる服

お着替えをする前に、服の出入り口を教えてあげると、頭を出すところや手を出すところが分かっていいいですよ。
また、少し手の入口などを教えてあげるときは、お母さんの手がきちんと見えるので、後ろからやってあげるといいです。

練習を行うのは、お母さんに時間の余裕がある時間帯がいいですよね。
朝などは、バタバタしてしまって、上手く着替えが出来ない子供にイライラしてしてしまいます。
それをなくすために、着替えの練習を行うのは、お風呂上りがベストです。

子供の好きな服装を選ばしてあげることから始めましょう。
その次は、親は手伝わないようにしましょう。

子供と遊び感覚で、「よーいどん」と言って、競争感覚でやってみるのもいいです。
きちんと着替えが出来たら、しっかり褒めてあげてくださいね。

まとめ

こどもが着替えに興味を持ったら、自分で行わせてあげてくださいね。
それには、お母さんの気持ちに余裕があるときにしましょう。

また、服装選びも1つのポイントとなってきます。
練習は、毎日習慣になるようすると、子供が1人で着替えることが早く身に付くことができます。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!