小学校から、英語の授業が、必須となりましたよね。
子どもに、小学校英語を楽しんでもらうには、幼児期にどのようなことをしたらいいのか悩んでしまいます。
また、年齢によって、英語の学び方は、異なってきます。

そこで、今回は小学校英語授業に向けて幼児の英語教育ですべきことについて紹介します。

年齢による英語の学び方

小学校英語は、必須になったので、子どもには、英語を楽しんで学んで欲しいですね。
年齢によって、英語の身に着け方は、異なってきます。
とくに、幼児期は、成長が著しいため、成長に合った英語の学び方が必要となってきます。

0歳〜3歳に時期は、脳の成長が、とても速いです。
また、耳の発達も、著しいので、英語の発音などにぴったりの時期です。
この時期に、英語のCDを聞かせたり、英語の絵本を読んであげたりするといいですよ。

幼児期に英語に触れていると、小学校英語に抵抗を感じることなく、取り組むことができます。
小学校英語を、楽しく感じることが、できます。

でも、まだ日本語も十分に話せない時期であるので、英語ばかり身に着けるのはやめましょう。
日本語の発達が、遅れてしまうこともあります。
英語は、1日に30分〜1時間くらいを、目安にしたらいいですよ。

4歳〜5歳の時期は、日本語もしっかり理解出来て、話すことが出来ます。
その時期に、ピッタリであるのが、英会話スクールです。
英会話スクールは、英語でゲームや遊びなどを取り入れているので、楽しむことが出来ます。

また、英語での会話も、行うことができます。
英語を楽しむことが出来るので、小学校英語も、楽しみながら学ぶ事が出来ます。

幼児期におすすめの英語

幼児期に、小学校英語の為に学べさせたいけれど、どのようにしたらいいのか悩みますよね。
まだ、日本語も不十分であるので、英会話教室に通わすのも、早く感じます。
そんな時に、ピッタリなのが、幼児向けの英語通信教材です。

遊びながら、英語と触れ合うことが、出来ます。
幼児期は、楽しいと感じることが大切であるので、英語の通信教材はおすすめです。
今では、いろいろなキャラクターの教材が出ているので、溶け込みやすいですよね。

幼児期は、発音などもしっかり耳で聞いて、覚えることが出来るので、英語の苦手なお母さんにもいいです。
発音を聞くことが出来る、おもちゃなどが、あったりします。
幼児期は、楽しみながら、英語と触れ合っていけばいいです。

まとめ

幼児期の英語は、小学校英語に、大きく影響してきます。
幼児期に英語を楽しく学んでいたら、小学校英語も抵抗を感じることなく学ぶことが出来ます。
その為、無理やり幼児期に英語を学ばすのではなく、親子で楽しみながら、行ってくださいね。

子どもも楽しいと感じると、自ら学ぼうとする姿勢になります。
幼児にあった英語の学び方で、英語を楽しんでみてください。
小学校英語授業も、楽しんでもらえるように、なりますよ。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!