保育園の待機児童が問題となっている昨今、幼稚園激戦区での倍率もまた子育てママの大きな悩みの一つです。
希望した幼稚園に必ずしも入園できるとは限らないので、いくつかの園を候補に上げておくのが今では当たり前となっています。
そうとなれば、プレ保育をかけもち参加してでも候補の幼稚園の実際のところを事前に知っておきたいものですよね。

今回はここで、プレ保育のかけもちについて少しお話ししたいと思います。

プレ保育のかけもち

プレ保育は幼稚園を選ぶ際にとても重要な役割を果たしてくれます。自分の子供に合うかどうか、教育方針はどのようなものか、園の雰囲気は良いものかなどを入園前に知っておくことができます。
第一希望の幼稚園に入れなかった場合に備えて、こういった情報を得ておくにはプレ保育のかけもちが必要となってきます。

ただ実際にプレ保育のかけもちは可能なのでしょうか。
プレ保育は年少の一年前の春にスタートする場合が多いので、かけもちをすると同時期に突然慌ただしくなることに間違いはありません。
ですが、園ごとに月に一度、週に一度、半日、数時間だけなど保育時間も違うので、うまいこと曜日をずらしたりできればプレ保育のかけもちは可能です。

かけもちのメリットとデメリット

プレ保育のかけもちのメリットは当然、いくつかの幼稚園の情報を入園前に知っておくことができるということです。
第一希望の幼稚園に入園が叶わなかった場合に焦ることのないよう、いくつかの候補を挙げておくとある程度不安は解消できることでしょう。
もちろん子供にとっても同様で、プレ保育に参加した幼稚園には入園できずに突然全く踏み入れたことのない場所に放り込まれたら、子供は心身ともに大きなストレスを感じるはずです。
初めからかけもちでプレ保育に参加していれば、ある程度慣れた場所に通うことができるので子供の負担も少なくなります。

デメリットは親にとっても子供にとっても急に日常が忙しくなることです。
幼稚園に入る前はずっと家庭で時間の余裕を持って生活していたのに、ある時期を境に突然慌ただしい一日を月に何度か過ごすことになります。
保育園に毎日子供を送り出しているママさんには当たり前のことでも、今まで朝を比較的ゆったり過ごしていた在宅組にとってはかなりのプレッシャーです。
プレ保育の頻度や開始時間にもよりますが、朝食をゆっくり食べられない子供も、その子供に早く食べ終わるように促す親も、少なからず準備にストレスを感じることでしょう。

もう一つデメリットに金銭的なことがあげられます。
プレ保育には無料で参加できる幼稚園もあれば、入会費や年会費などがかかる幼稚園もあります。有料プレ保育のかけもちとなれば、当然家庭に金銭的負担がかかります。
もちろん余裕があるならば問題ないのですが、幼稚園激戦区の上に有料プレ保育が多い地域であれば、金銭的にかけもちが苦しいと感じる家庭が必ずあるはずです。

かけもちは負担にならないように

プレ保育のかけもちにはメリットとデメリットの両方が伴います。かけもちをするならばバランスをよく考え、親にも子供にも負担の少ない方法をとりましょう。
親が必死になり過ぎたために子供がプレ保育に行きたがらなくなったり、親自身も急激な生活の変化で身体を壊してしまっては元も子もありません。
幼稚園選びは確かに簡単なことではありませんが、心にも体にも余裕を持ってプレ保育のかけもちに臨みましょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!