そろそろトイレトレーニングをしたいけれど、トレパンの枚数に悩んでしまいます。
また、6層や4層や3層や2層がありますが、それぞれ特徴があります。
トレパンの特徴を踏まえた上で、必要枚数を購入した方が、無駄をなくします。

そこで、今回はトレパン何層を何枚必要?について紹介します。

トレパンの特徴

トレパンには、6層があり、とても厚みがあるので、おしっこの漏れが気になりません。
おしっこをしっかり吸収してくれるので、良いのですが、おしっこしたのに、気づきにくいこともあります。
また、夏などの暑い時期は、蒸れてしまって、皮膚トラブルを起こしてしまう可能性もあります。

洗濯をしても、厚みがあるので、乾きにくいのが欠点です。
その為、枚数は1枚〜2枚あれば、十分ですよ。

トレパンの4層や3層は、よく使用するので、枚数は5枚以上持っていてもいいですよ。
薄いので、おしっこを漏らしたら、子どもが「冷たい」と感じるので、トイレトレーニングには最適です。
だが、ズボンまで濡れてしまうので、何度も着替えを行わないといけません。

洗濯をしても乾きやすいですが、何度も洗濯しないといけないので、枚数は多い方がいいです。、
おしっこの漏れは、成長の証なので、怒らないようにしましょうね。

トレパンの2枚層は、とても薄いので、トイレトレーニングが進んでから用意してもいいと思います。
3層や4層のトレパンで足りるようであったら、買い足さなくても大丈夫な場合があります。

どのくらいの時期からトレパンにするの?

トイレの間隔が空いてきたら、トレパンを試してみてもいい時期だと思います。
今では、キャラクターのトレパンや可愛い柄やかっこいい柄があります。
子どもも、トレパンを履くのに、楽しみを感じるので、数枚購入してもてもいいと思います。

トイレ誘導を行って、トイレでおしっこすることが出来たら、しっかり褒めてあげて下さいね。
始めたばかりは、子どももまだおしっこの感覚がつかめないので、おもらししてしまいます。
失敗が多いのであったら、夜などは、紙おむつを使用してみましょう。

初めは、おもらしをしてしまうので、6層の枚数を増やしてもいいと思います。
乾きにくいので、3層や4層のトレパンの上から紙おむつを履いてもらう方法があります。
おしっこをもらした感覚があるので、トイレトレーニングに最適です。

まとめ

トレパンを買う枚数を悩んでしまうと思いますが、初めにたくさんの枚数購入するのはやめましょう。
6層を1枚と3層や2層を5枚程度購入して、足りないと感じたら、再度必要枚数を購入したらいいです。
また、トレパンが合わなくて、使わなくなったと言う声も聞くので、無駄にならないように買い物をしましょう。

トレパンの層が多いと、漏れにくいけれども、蒸れてしまったりするので、時期に合わせて枚数を調整してみて下さいね。
子どものトイレとレーニングの進み具合に合わせて、足りない枚数を買い足すようにしましょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!