子どもがおねしょしてしまうと、ついつい怒ってしまうときがあります。
実は、おねしょをしてしまうには、いろいろな原因があります。
また、子どものおねしょを治すコツがあります。

そこで、今回は、子どものおねしょの原因と治すコツについて紹介します。

子どものおねしょの原因

子どもが、おねしょをしてしまうと、怒ったりありましてしまう時があります。
でも、子どものおねしょは、子どもの意思ではなくて、膀胱がまだ発達途中であるからです。
尿量を調整する、抗利尿ホルモンが不足していることから、おねしょをしてしまうことがあります。

まだ、膀胱の働きも不十分であり、大きさも小さいので、たくさんの尿を貯めておくことができません
その為、朝になるまでに、おねしょをしてしまいます。

また、おねしょは、ストレスが原因である場合もあります。
子どもを責めるのではなくて、子どもに安心感を与えてあげてください。

おねしょを治すコツ

子どものおねしょは、年齢を重ねるにつれて、しなくなります。
だいたい4歳〜5歳には、おねしょをしなくなります。
その為、親は気長に子どもの成長を見守ってあげることが大切です。

おねしょを治すコツがあるので、紹介していきます。
・夜中に無理やり起こさない…抗利尿ホルモンの分泌を邪魔してしまいます。
また、成長ホルモンが阻害されてしまうので、夜は無理に起こさないで、ゆっくり寝かせてあげてください。

・夜の水分を減らす…寝る前の2時間は、水分を控えるようにしましょう。
でも、夏場は脱水症状になってしまう恐れがあるので、気を付けるようにして下さいね。

・寝る前にトイレに行く…布団に行く前に、トイレに行く習慣をつけましょ。
そうすることで、おねしょをしないようになりますよ。

・寝るときは暖かい格好をする…寝るときは、温かい格好をして、寝るようにしましょう。
身体が冷えてしまうと、膀胱が硬くなってしまって、尿の容量が少なくなってしまいます。

・叱ってはダメ…子どもがおねしょするのは、身体の機能の成長発達途中であるので、仕方ないことです。
叱ってしまうと、子ども自身が、ストレスを感じて、悪循環となってしまうので、叱らないようにしましょう。

まとめ

子どもがおねしょしてしまうのは、膀胱などの成長発達途中であるので、子どもが成長している証拠です。
そのことをしっかり分かってあげてくださいね。
朝の忙しい時などに、おねしょしてしまうと、つい叱ってしまいそうになりますが、グッと我慢してくださいね。

また、夜はしっかり寝かしてあげて、ホルモンが分泌しやすい環境にしてみてください。
親がしっかり構えていると、子どもの安心して、すくすくと成長することができますよ。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!