子どもの身長が、高くなって欲しいと思う親は、多くいます。
よく、牛乳を飲んだら、身長が高くなると言われているけど、疑問に感じてしまいます。
その他に、食生活をどのようにしたらいいのか、悩んでしまいますよね。

そこで、今回は、子どもの身長を伸ばす幼児期の食生活のコツについて紹介します。

身長を伸ばすのに良い食事について

よく、牛乳を飲んだら身長が伸びる!と言われていますよね。
牛乳には、カルシウムがたくさん含まれていますが、それは骨を強くする役割の為、子どもの身長は伸びません。
子どもの身長を伸ばすには、タンパク質が必要になってきます。

タンパク質が多く含まれている食品は、お肉や魚や卵やチーズです。
子どもの身長を伸ばしたいからと言って、お肉などばかり食べさせてしまうと、カロリーをたくさん摂取してしまいます。
脂肪がたくさん付いてしまい、太くなってしまうので、気を付けて下さいね。

タンパク質がたくさん含まれているけれども、低カロリーなのが、豆腐やおからや納豆です。
子どもの身長を伸ばすには、正しい食生活が大切になってきます。
食材には、どのような栄養が含まれているのかを把握すると、食生活を気を付けることが出来ます。

子どもの身長を伸ばしたいと考えるのであれば、食生活を見直したら大丈夫ですよ。

腸内環境を整えることも大切

食べたものを、きちんと吸収するには、食生活以外にも、腸内環境を整えることが大切になってきます。
食物繊維は、お腹の中を綺麗にしてくれます。
また、糖質や脂肪の吸収を抑えてくれるので、たくさん食べる子どもには、必要な役割です。

旬の野菜を使ったサラダや、わかめがたくさん入った味噌汁も、食生活に取り入れることも大切です。
お味噌やみりんや醤油などの発酵食品を使った食事を、食べさせてあげて下さい。
たくさんの食材を含む筑前煮は、たくさんの食材が含まれているので、子どもにおすすめです。

子どもの身長を伸ばしたいのであれば、食生活がとても大切になってきます。

まとめ

子どもの身長を伸ばすには、タンパク質の食材も大切になってきますが、きちんと吸収されないといけません。
その為には、腸内環境を整えることが出来る食生活が、必要です。
子どもの身長を伸ばす食生活は、バランスの良い食事が大切です。

きちんとバランスが整っていると、子どもの成長にも大きく関わってくるので、好き嫌いなく食べられるようにしてあげましょう。
良い食生活は、今後の子供の成長に最も関わってくるので、食生活をもう一度見直してみて下さいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!