子どもには、運動神経がよくなって欲しいと感じる親は、多くいますよね。
でも、子どもにどのようなことをしてあげたら、運動神経が良くなるのか、悩んでしまいます。
そこで、今回は、子どもの運動神経を高くする幼児期の遊びについて紹介します。

運動神経をよくする幼児期の遊び

子どもの運動神経を高くするのは、まずは、「楽しさ」や「好奇心」を感じてもらうことが大切です。
運動神経を高くしようと思って、1つのスポーツを習わしたりしてしまいますよね。
でも、さまざまな身体の機能を幼児期に動かす方が、運動神経を高くします。

幼児期は、自分で動きをコントロールすることが出来ます。
子どもは、遊びの中で、たくさん身体を動かしています。
たくさんもの遊びを行うことで、運動神経を高めることが出来ます。

公園には、砂場」ブランコ・滑り台・ジャングルジムなどがあります。
子どもには、外遊びを楽しんでもらうことが大切になってきます。
少し時間が出来たら、公園でおもいっきり遊ばせてみてください。

ボール遊びや木登りもたくさん身体を動かすことが出来るので、おすすめです。
今まで気づくことのできなかった動きなども、出来たりします。

初めは、ブランコに恐怖心があっても、少しずつ慣れることで、足を動かして漕ぐこともできるようになります。
外遊びは、子どもの運動神経を高くするので、楽しみながら遊ばせてみて下さいね。

室内遊びで親子のスキンシップを取ろう

子どもの遊びは、外遊びだけではなくて、室内遊びでも、運動神経を高めることが出来ます。
その遊びには、親が関わってあげることが大切ですが、遊びを通してスキンシップを取るとこが出来ます。
パパの身体をよじ登って、木登りをしたりして遊ぶことができます。

また、お相撲ごっこなども、親子で楽しむことができます。
布団の上で、前転して、遊ぶのも、子どもは楽しめます。
親子で遊ぶのは、子どもにとってとても楽しいことであるので、おもいっきり遊んでみて下さい。

身体を動かすことに、楽しさを感じると、子どももいろんな遊びに挑戦します。
そのように感じてもらうことは、運動神経を高めるのに、大切になってきますよ。

まとめ

子どもの運動神経を高めるには、何かスポーツを行うのではなくて、楽しみながら遊ぶことが大切です。
たくさんのことに、興味を持って、たくさん身体を動ける遊びを、子どもと一緒にみつけてみましょう。
親子で遊ぶことで、スキンシップもとることが出来るので、子どもも安心して、遊ぶことができます。

運動を強制的に行おうとするのではなくて、運動を楽しめるように導いてあげることが大切です。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!