子どもをバイリンガルに育てたいと感じる親は、多くいますよね。
でも、日本に住みながら、どのようにしたら、バイリンガルに育てたらいいか悩みますよね。
日本語が、中途半端になってしまうのは、避けたいです。

そこで、今回は子どもをバイリンガルにする幼児の育て方について紹介します。

バイリンガルのする幼児期の育て方

子どもをバイリンガルに育てようとするなら、幼児期の関わりが大切になってきます。
幼児期に、しっかりと英語を読み聞かせてあげると、英語の耳になります。
幼児期は、脳の発達がとても活発であるので、英語を身に着けるのに最適です。

正しい英語の発音を、子供にインプットさせることが大切です。
その為、英会話教室などに通わせてみるのもいいですよ。
親が忙しいのであれば、CDやDVDで英語を聞かせてあげてもバイリンガルに育てるのに効果的です。

幼児期は、まだ言葉も未熟でありますが、しっかり脳の中で英語を覚えています。
バイリンガルに育てたくて、強制的に英語を身に着けようとするのではなくて、子どもと楽しみながら英語を取り入れてあげて下さい。
また、毎日英語を聞かせてあげるのが、バイリンガルにするポイントです。

バイリンガルにするのにやってはいけないこと

子どもをバイリンガルにしたいと思って、たくさん英語に触れさせようとしてしまいます。
でも、バイリンガルに逆効果なこともあります。

1、英語と日本語を混ぜて話す。

知っている英語と日本語を混ぜて話した方が、日常生活で英語を取り入れることが出来ると考えますよね。
でも、英語と日本語を混ぜてしまうと、脳が毎回切り替えられるので、効果が薄れてしまいます。
英語は英語、日本語は日本語で話した方が、子どもも混乱することはありません。

2、子どもが英語と混ぜて話してしまったときに注意する

少しでも、知っている英語の単語がたまに出ていしまうことがあります。
そんな時は、注意するのではなく、仕方ないことなので、否定をしないようにしましょう。

3、小さいときからDVD教材ばかり使う

今では、英語教材がたくさんあります。
その中に、DVDもあり、気軽に英語と触れ合うことが出来るので、親はいいと感じてしまいます。

映像を見てばっかりいると、日本語も英語も言葉が遅れてしまう可能性があります。
大人との関わりで、英語能力は発達するので、しっかりコミュニケーションを取れる環境にしてあげましょう。

まとめ

子どもをバイリンガルに育てたいと感じるのは、とても良いことです。
だが、幼児期は特に楽しさを感じてもらえるようにしましょう。

英語と日本語を話すことが出来るのは、素晴らしいですが、どちらも中途半端にならないようにすることが必要です。
しっかり英語を学ぶことが出来る環境を作ってあげることで、子どもはバイリンガルに育ちますよ。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!