子どもが、トイレトレを始めると、おしっこを漏らしてしまって、怒ってしまうときがあります。
怒りたくなくても、何度もおしっこをもらされたら、怒ってしまう親は多いです。
でも、怒ることで、子どもは自信をなくしてしまうので、堪えることも大切です。

そこで、今回はトイレトレで怒ってしまう時の対処法について紹介します。

トイレトレで怒ってしまう時の対処法

トイレトレを始めると、必ずおしっこの失敗は付き物です。
それを分かっているけれども、「なんでトイレって言わないの!」など言って怒ってしまうときがあります。
怒ってしまうのは、トイレトレにはよくないと思っていても、ついつい怒ってしまうんですよね。

そんな時は、大きく深呼吸してみて下さい。
少しは、気持ちを落ち着かせることができます。
子どもの膀胱は、まだ未熟であるので、十分に尿を貯めておくことが出来ません。

おしっこの出る感覚を、掴むことがまだできないうちは、おもらしをしてしまいます。
おもらしをしても、成長途中であると言い聞かせると、親も気持ち的に楽になりますよ。
怒ってしまうのではなくて、「おしっこでちゃったね」と声を掛けて、受け止めてあげましょう。

トイレトレを始めたばかりは、おもらしをしてしまうのが当たり前です。
「次は、おしっこ出る前に教えてね」など、子どもに伝えてあげて下さい。
子どもも、安心して、トイレトレを行うことが出来ます。

きちんとおしっこを伝えることが出来たら、たくさん褒めてあげてくださいね。

トイレトレを休むことも大切

他の子供がオムツ外れていたりすると、自分の子供も早く外さないと思い、焦ってしまいますよね。
その為、おもらしをしてしまうと、つい怒ってしまいます。
子どもの成長には、個人差があるので、他の子供と比べないようにしましょう。

また、親に余裕がないときは、子どものおしっこの失敗が続くとつい怒ってしまう時が多くなります。
そんな時は、親子関係もぎくしゃくしてしまうので、一旦中止するのも大切です。
トイレトレを楽しく行うのは、親の余裕も大切になってきます。

いつかはオムツは取れるので、焦らなくても大丈夫ですよ。

まとめ

子どもの、トイレトレで怒ってしまう時がありますが、何度も怒られてしまうと、子どもの意欲をなくしてしまいます。
親も、おしっこがもれるのは、子どもの成長途中であるので、仕方ないと受け入れると、怒らなくなりますよ。
おしっこを漏らすことは、悪いことではないので、しっかり受け入れてあげましょう。

また、親に余裕がないと、怒りたくなくても、怒ってしまいます。
そんな時は、トイレトレを中断してもてもいいと思います。
子どものいい時期に、トイレトレを行うことで、すんなりトイレトレが終了することもあります。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!