トイレトレーニングを始めるには、トレパンを購入しないといけません。
年齢に合わせたトレパンの選び方は、どのようにしたらいいのか悩んでしまいますよね。
そこで、今回はおすすめのトレパンの選び方について紹介します。

1歳〜2歳時のトレパンの選び方

トイレトレーニングは、早くて1歳半くらいから始める子どももいます。
1歳半くらいの子供は、まだ、おしっこの出る感覚が分かりません。
その為、何度ももらしてしまいます。

初めは、6層のトレパンがおすすめです。
多くのおしっこを吸収してくれるので、ズボンまで汚れることが少ないです。

男の子なら、スナップで全開になる6層のトレパンがおすすめです。
前部分にあるスナックを外すと、全開になるので、急なおしっこにも対応することが出来ます。
また、失敗しても脱がせるときに、足が汚れることがありません。

女の子の場合は、両サイドがスナックボタンで留めるようになっています。
可愛い柄もあるので、子どもの好みのトレパンを購入するのが、おすすめです。
また、洗濯をして、広げて干すと、乾きも早いですよ。

3歳のトレパンの選び方

3歳になると、おしっこの感覚も掴むことが出来て、失敗もなくなってきます。
そんな時は、3層のトレパンを購入するのがおすすめです。
6層であると、厚みがあるので、少し違和感を感じてしまったりします。

たくさん動く3歳児には、薄手のトレパンがおすすめです。
今では、トレパンであるけれど、ズボンの様になっている為、1枚で履くことができます。

男の子であれば、4層のボクサーパンツ型のトレパンがおすすめです。
暑い日などは、これ1枚で過ごすことが出来ます。
子どもも違和感を感じることがないので、とっても人気です。

女の子の場合は、ショートパンツ様のトレパンがあります。
デザインも可愛いので、他の服にも合わすことが出来ます。
トレパン卒業しても、アンダーパンツとして使用することが出来るので、おすすめです。

まとめ

初めは、子どもにおしっこはトイレでするということを、教えることが大切です。
その為、たくさんおしっこを吸収してくれる6層のトレパンが、おすすめです。

3歳になると、たまに失敗はありますが、おしこが出る感覚を掴むことが出来るので、違和感のないトレパンを選んであげましょう。
子どもの年齢にあったトレパンにすることで、トイレトレーニングが早く終わったりするのでおすすめです。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!