子どもの多くは、野菜嫌いが多くて、親は悩んでしまいますよね。
野菜を食べてもらいたいけれども、どうしたらいいのか分からないという親は多くいます。
そこで、今回は野菜嫌いの子供を野菜好きにさせるコツについて紹介します。

野菜好きにさせるコツ

子どもの野菜嫌いは、苦味や辛味などが強かったりするので、苦手と感じてしまう子どもが多くいます。
そのままの野菜を食べさせるのではなく、味を変えてみるのもいいですよ。

・野菜のアクやにおいを取る
アク抜きや熱を加えると、苦みなども感じにくくなって、食べやすくなりますよ。

・好きな食材を取り入れる
ピザに野菜を乗せたり、チーズフォンデなどで美味しく野菜を取り入れてみましょう。
野菜の本来の味を、他の味付けで誤魔化すと、野菜嫌いな子どもも食べやすくなります。

野菜に見えないように、ミキサーとかを使用してみましょう。
ホットケーキやコロッケなどに苦手な野菜を、取り入れる方法もあります。

・野菜を食べれたらきちんと褒める
野菜嫌いでも、少しでも野菜を食べることが出来たらしっかり褒めてあげましょう。

・野菜に興味を持ってもらう
プチトマトやニンジンなどは、お庭で育てることができます。
子どもと一緒に、野菜を作って、野菜に興味を持ってもらいましょう。

トマトなどが育ったら、一緒に食べてみましょう。

やってはいけないこと

子どもの野菜嫌いを克服させようとして、無理に食べさせようとしてしまう時がありますよね。
でも、無理に食べさせるのは、逆効果であるので、やらないようにしましょう。
トラウマになってしまって、野菜を見るのだけでも嫌になってしまうこともあるので、注意です。

野菜を食べないからと言って、野菜ジュースで補おうとするのはやめましょう。
加熱に弱い栄養素や水に溶けない不溶性の栄養が摂れないのいで、野菜の栄養をすべて補う事は出来ていません。
野菜ジュースより、青汁の方が栄養素が高いので、おすすめです。

まとめ

子どもの野菜嫌いを克服するには、味付けを変えてみるのも大切です。
野菜を違う方法で食べてもらてるのであれば、それでいいと思います。
また、一緒に野菜を育てるのも、子どもは楽しみを感じることが出来るので、いいですよ。

でも、無理に食べさせようとすると、野菜自体を嫌いになってしまうので、やらばないようにしましょう。
野菜嫌いを克服すると、子どもも食べることに楽しさを感じてくれます。
色々な方法で、子どもの野菜嫌いを克服してみて下さい。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!