子どもが成長していくと、靴のサイズも大きくなり、靴ひものある靴も履くようになります。
ひも結びが出来ないと、靴ひもの靴が履けません。
靴ひも結びの練習は、いつから始めたらいいのかやどのように練習をしたらいいのか、悩んでしまいますよね。

そこで、今回は靴のひも結びの練習のコツ いつから始める?について紹介します。

靴のひも結びの練習いつから始める?

ひもを結ぶのは、手先が器用になっている時期にするのがおすすめです。
だいたい5歳〜6歳くらいになると、まる結びなど簡単なひも結びが出来るようになります。
その時期に、靴のひも結びの練習をするといいでしょう。

子どもは、興味のあることや楽しいと感じたものには、とても一生懸命練習をします。
出来たときの喜びを感じることで、いろいろなことに挑戦するようになります。
子どもに合った時期を見て、練習をさせてあげてくださいね。

靴のひも結びの練習のコツ

靴のひも結びの練習は、親が結び方を教えるのは、難しいですよね。
実際に、動作で覚えてもらったほうが、子どもも覚えやすいと思います。
親も靴ひものある靴を履いて、子どもと横並びに座ります。

1つ1つの動作をゆっくりと行ってあげてくださいね。
1つの動作ごとに、子どもも出来ているか確認をしながら練習するのがいいですよ。
苦手な部分を見つけることが、出来ます。

靴のひも結びが出来るようになるまで、気長に練習をさせましょう。
何度も失敗してしまうと、つい怒ってしまう時があると思いますが、極力怒らないようにしてあげてくださいね。
ひも結びを楽しいと感じられなくなってしまうと、練習を行わなようになってしまうかもしれません・・。

少しです上達したら、出来た部分をしっかり褒めてあげて下さい。
子どもも、やる気が出るはずです。

まとめ

靴のひも結びの練習は、子どもがひも結びに興味を感じてからでいいと思います。
手先が器用になる時期に始めると、上達も早いので、すんなりひも結びが出来るようになるでしょう。

ひも結びの練習は、親が教えないといけませんが、子どもの目線になって教えてあげて下さいね。
1つ1つの動作を分かりやすく教えると、しっかり覚えてくれますよ。
また、出来たら、しっかり褒めてあげて下さいね。

子どもは、褒められると、とても嬉しく感じるので、他のことに対してもやる気が出やすくなりますよ。
子どもの成長には、親との関わりが大切になってくるので、しっかり子供の成長を見てあげて下さい。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!