子どもが、お着替えを自分で出来るようになったら、ボタンの掛け外しも出来るようにしてあげたいですよね。
いつから、ボタンの掛け外しの練習を行ったらいいのか悩んでしまいます。
そこで、今回は子どものボタンの掛け外し練習はいつから?について紹介します。

ボタンの掛け外す練習はいつから?

ボタンの掛け外すに練習は、いつから行ったらいいのか、悩んでしまいますよね。
子どもがボタンの掛け外しに興味を持ち始めたら、練習をしてみて下さい。

だいたいは、3歳〜4歳くらいの年齢になると、手先も器用になってきます。
その時期が、ボタンの掛け外じの時期にピッタリです。
興味が出てきたときに、練習をすると、子どもも楽しみながら練習をすることができます。

子どもによって、興味を持ち始める時期が異なってきますが、気にすることはありませんよ。
でも、なかなか興味を持ち始めないようであったら、ボタンの付いているパジャマなどを購入してみてもいいと思います。
子どもは、いろんなことに興味を示すので、少しその興味を引き出してあげてみるのも子どもの成長に大切なことです。

どのように練習したらいいの?

・ボタンを上手く摘まむことが出来ない場合
洗濯バサミを使って、指先で摘まむ練習をすると、ボタンを上手に摘まむことができます。

・細い穴に入れられない場合
ボタンの掛け外じには、細い穴に入れないと行けません。
なかなか細い穴に入れることが出来なくて、苦戦する場合があります。

そんな時は、貯金箱を活躍させましょう。
貯金箱に、硬貨を入れる練習をすると、ボタンも細い穴に入れることが出来るようになります。

・左右の手で受け渡しが出来ない場合
上手に指先を使って、受け渡しが出来ない場合は、紐通しで練習してみると効果的です。

まとめ

ボタンの掛け外しの練習は、子どもが興味を持ち始めたら、始めたらいいですよ。
なかなか興味を持たないようであったら、子どもの好む洋服やパジャマを購入して、興味を引き付けてみましょう。
でも、子どもが意欲を始めた時の方が、効果的です。

練習は、少し難しく感じてしまいますが、似たような動作を違う方法でやってみるといいですよ。
子どもも、楽しみながら指先を使うことが出来るので、発達が早くなります。
遊びを踏まえながら、練習していき、子どもに楽しさを感じてもらえるようにしましょう。

強制的にならないように、してあげてくださいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!