平成27年4月からスタートした「子ども・子育て支援新制度」に伴い、保育園や幼稚園の他に選択肢の一つとして加わった認定こども園ですが、まだまだ世間の認知度はかなり低いのが実情です。認定こども園自体がどういったものなのか、保育園や幼稚園と何が違うのかなど、これから子供を預ける施設を選ばなければいけない親御さんにとってはわからないことだらけのことでしょう。

今回はここで認定こども園と幼稚園の違いについて少しご紹介します。

認定こども園とは。幼稚園とは。

認定こども園と幼稚園の違いをお話しする前に、簡単に二つの施設の仕組みについて少し知っておきましょう。

幼稚園は保育園と違い、親の就労状況や保育の必要性を問わず、決められた年齢に達していれば入園できる施設です。管轄は文部科学省で、園の先生は教諭免許が必要となります。
受け入れ対象の子供の年齢は3歳児からで、小学校入学前の子供の教育施設として幼稚園は設けられています。
標準的な預かり時間は9時から14時くらいまでで、保育料は公立幼稚園の場合は市町村が保育料を決定し、私立の場合は園側が決定できるという仕組みになっています。

一方認定こども園は、保育園と幼稚園の機能や特徴を併せ持つ新しいタイプの施設です。親の就労状況に関わらず0歳から預けることができる保育園としての機能を持ち、3歳以上は保育と同時に幼稚園同様の幼児教育の時間を設けている、親にとっても子供にとってもメリットの多い仕組みです。

認定こども園と幼稚園の違い

上の説明でほとんど違いが理解できたかもしれませんが、要は両園の違いは幼稚園は教育施設であり、認定こども園はその教育施設に加えて保育もしてもらえる施設であるということです。今までは親の仕事の有無により保育園か幼稚園かの二択が当たり前でしたが、親のニーズにより応えてくれるのが認定こども園なのです。

幼稚園には教員免許の必要な先生のみが子供の面倒を見ていますが、認定こども園ではその先生に加えて保育士も子供と一緒に過ごしてくれます。
幼稚園は基本的に3年保育の場合は満3歳からでないと入園できませんが、認定こども園は保育園と同様に0歳から5歳までの年齢の子供が利用できる上に、幼稚園同様の教育カリキュラムが設けられているので、幅広い年齢層の中で就学前にルールやマナーを学ぶことができます。

園選びにはメリット・デメリットの両方の理解を

いいとこだらけの認定こども園ですが、なにぶん新制度が制定されてからまだ日が浅く、認定こども園への理解や設置自体がままならない市町村が多いのもまた事実です。
それ故、仕事をしないなら幼稚園と自動的に考えてしまう親御さんがほとんどでしょう。

実際、私の上の娘も来年度に幼稚園入園予定ですが、認定こども園の存在を知らずにその幼稚園のプレ保育に申しこんでしまいました。
私は現在二人目妊娠中で外に出て仕事をする予定がないので幸い幼稚園で問題はなかったのですが、待機児童問題真っ只中の親御さんやこれから仕事を始めようかと考えている親御さんにとっては、認定こども園の存在はとても重要となってくるのは間違いなしです。

認定こども園のメリットやデメリットをよく理解し、家庭のニーズをよく見極めたうえで子供を預けられるのならば、認定こども園は親にとっても子供にとっても安心して通える施設です。お住いの市町村、自治体によって認定こども園の状況は大きく変わりますので、ご自分で納得するまでよく情報を集めて施設選びをしてくださいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!