子供を出産してから我が子を初めて預ける施設として、保育園か幼稚園かの二択で考えている親御さんがほとんどだと思われます。
しかし、平成27年4月からスタートした「子ども・子育て支援新制度」に伴い、保育園や幼稚園だけではなく「認定こども園」という形で就学前の子供を預ける施設に関する新しい制度が誕生しました。

私の在住する地域では認定こども園は一か所のみで、まだまだ世間に浸透しているとは言い難い状況であり、聞いたことがないという人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
ここで今回は認定こども園について、そして入園するにあたってのメリットやデメリットなどを少しご紹介します。

認定こども園とは

そもそも認定こども園とは幼稚園や保育園と比べて何が違うのでしょうか。

幼稚園の管轄は文部科学省、小学校以降の教育の基礎をつくるための幼児期の教育を行う施設であり、受け入れ対象の子供年齢が満3歳からとなります。
教諭免許が必要な「先生」が子供の面倒を見てくれることになり、公立幼稚園の場合は市町村が保育料を決定し、私立の場合は園側が決定できるという仕組みになっています。

保育園の管轄は厚生労働省、就労などのため家庭で保育のできない保護者に代わって保育する施設であり、0歳からの子供が受け入れ対象となります。
国家試験に合格した「保育士」が子供の世話をし、保育料は認可保育園の場合は課税状況に応じて市町村長が、 認可外保育園の場合は園側が決定します。

幼稚園と保育園の違いを簡単に説明しましたが、認定こども園はその両方の機能や特徴を併せ持ち、地域の子育て支援も行う施設なのです。
つまり、親の就労状況を問わず入園が可能で、保育と教育を提供してもらうことができます。受け入れ対象は0歳児からで、預かり時間も3歳以上は短時間と長時間から選ぶことができます。

認定こども園はメリットだらけのような気がしますよね。しかし預ける側にとっては必ず考えなければならないデメリットも存在します。
そのメリットとデメリットについても少し知っておきましょう。

認定こども園のメリット

認定こども園を利用するにあたり一番のメリットとなるのは、保育園とは違い親が働いていなくても入園可能という点ではないでしょうか。
待機児童問題が毎日のようにニュースで取り上げられている昨今、幸運にも保育園に入園できたとしても、親の就労状況の変化や育児休暇取得により保育を継続して受けられない事態も考えられます。しかし認定こども園ではその心配はなく、家庭環境が変わったとしても通いなれた園で継続して過ごすことができます。

保育と教育の両方を受けられるのも認定こども園のメリットです。
3歳以上は幼児教育の時間と保育の時間の両方が設けられているので、仕事をするから子供の教育は諦めて保育園でということもありません。
保育に加えて小学校前の基礎教育もしてくれるという、親のニーズに応えてくれるのも認定こども園です

認定こども園では0歳から5歳の子供たちが一緒に過ごしますので、幅広い交流の場でマナーやルール、他人への接し方を学ぶことができます。
もちろん年齢により保育内容や教育内容が異なるので常に同じ空間で過ごすというわけではありません。
しかし、家庭では兄・姉の立場の子供が園では上の年齢の子供に世話をしてもらったり、その逆で弟・妹の立場の子が小さい子の面倒を見るなど貴重な経験を得られることになります。

地域の子育て支援を担っているのも認定こども園の特徴のひとつです。実際に入園していなくても誰でも子育て支援を受けられる仕組みとなっているのです。
核家族や母子・父子家庭が増えている世知辛い世の中、育児に悩んでいる親御さんにとっては積極的に利用することによってストレスを減らすこともできます。

認定こども園のデメリット

ここまで認定こども園のメリットを紹介してきましたが、残念なことに必ずしも入園できるわけではないというのがデメリットにあげられます。
いいとこだらけの認定こども園ですが、制度ができてからまだ日が浅く充分に施設や支援が整っていないのです。

実際に私が在住している地域では現在、認定こども園はたった一か所となっています。保育園や幼稚園の数が割と多い地域なのですが、それでも認定こども園に移行したのはその一か所止まりで、今後の増園は予定されていないようです。

保育料が高額というものデメリットの一つです。まだまだ認定こども園の数が少ないので実際の料金をデータとしてここで提示するのは難しいのですが、新しい取り組みを始めるには人員や施設、整備費などの出費が伴うのは当然です。親の就労状況に関わらず入園可能といっても保育料が高額となれば、保育園を選ぶ親御さんが多いはずです。

ニーズを見極めて

メリット盛り沢山の一方、デメリットも見え隠れする認定こども園ですが、きっちりとニーズを見極めた上で保育料が家庭の収入に見合ったものであれば、必ず親にとっても子供にとってもいいことだらけの施設となってくれます。といっても主役はあくまで入園する子供です。大事なお子さんを預けるわけですから、メリットとデメリットをしっかりと理解した上で認定こども園も候補の一つと考えましょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!