子供は成長していく間に、いろいろなことに興味を示すようになりますよね。
そこで、ひらがなに興味を持ち始めたらどのように練習を行ったらいいのかや、時期について悩んでしまいます。

今回はひらがなを練習するコツ・時期について説明します。

ひらがなを覚える時期はいつから?

子供は、いろいろな場面で、興味を示したりしますよね。
だいたい、3歳〜5歳くらいで、ひらがなに興味を示し始めます。
子供が興味を持った時期がひらがなの練習を行ういいタイミングです。

何かを真似して書くことが出来るのなら、ひらがなを真似して書くことができます。
また、ママと一緒にするという楽しみもあります。

ひらがなに興味を持つ時期は、子供によって個人差があるので、お母さんは焦らないようにしましょう。
まだ、ひらがなに興味を持っていないのに、押し付けて練習すことで、意欲がなくなってしまいますからね。

ひらがなの練習方法

書くことが出来る前に、字を読むことができるのが大切になってきます。
読むことが出来ないと、何を書いているのか分かりません。
ひらがなを読むことが出来るようになったら、書く練習を行いましょう。

ひらがなを書くということに、楽しさを感じてもらうことが大切です。
3歳〜5歳であれば、何かを見ながら書くことが出来るにで、ワークシートなどを使うにも効果的ですよ。

初めは、子供の名前から練習を行うことが多いですね。
自分の名前は、いろいろなところで聞いたり、見たりしているので、子供も書きやすくなってきます。

初めてのことで、こどもも上手くかけなかったりすると思いますが、無理に続けるのは禁物です。
そんなときは、ひらがなの練習を一度中断してみてもいいと思います。

また、ひらがなを上手に書くことができたら、しっかり褒めてあげて下さいね。
子供は、お母さんに褒めてもらえるのが嬉しくて、練習にとてもやる気が出ますよ。

また、毎日少しの時間に練習を行うことで、習慣となって続けることができます。
字が少しずつ書くことが出来たら、手紙を一緒に書いてみたりするのもいいですよ。

まとめ

子供の成長には、個人差があるので、興味を持った時にゆっくり始めるのがいいですね。
他の子供と比べてしまったり、なかなか字が上手くかけない子供に対して、親がイライラしてしまうことがあると思います。
そうすることで、子供は楽しいと感じることが出来なくなります。

親子で楽しく学ぶのが、子供の発達にとても大切になってくるので、周りと比べないで、練習をしてみてください。
今では、多くの教材などもあるので、それを活用させるのもいいと思います。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!