結婚や出産を経てもなお働き続けたいと願う女性が多い中で、待機児童問題は本当に深刻な状況にあるのは誰もが知る事実です。
職場に席を確保しつつ産休を取ったとしても仕事再開の際に預けられる保育園がなかったり、新しく仕事を始めようとしても申し込みの際に既に就労している状態でないと門前払いだったりと、ワーママになろうとしてもなれないのが多くの女性が抱える問題です。

ワーママが、つまり子育てをしながら働くワーキングママの略ですが、保育園に預けられなくとも働く術は残されています。
ワーママになるなら保育園、専業主婦なら幼稚園と昔のイメージを持ったまま勝手に働くことを諦めていませんか?幼稚園に子供を預けたとしてもワーママになって働くことは十分に可能です。

今回はここで、子供を幼稚園に通わせながらワーママになる方法や、その際の注意点などを少しご紹介します。

幼稚園の仕組み

幼稚園に預けながら仕事ができるといっても、保育園のように親が仕事をしていることが前提で預ける施設ではないことを理解しておかなければいけません。
保育園の標準的な預かり時間は一日最長11時間ですが、幼稚園では8時半から9時頃に登園して14時には降園というスケジュールでせいぜい4時間程度です。

そこで注目したいのが幼稚園の延長保育です。保育園と同様、今では多くの幼稚園で延長保育を利用できるようになっています。
その制度を利用すれば午後7時くらいまでは子供を預けられるので、ワーママになることは難しいことではありません。
ただ、幼稚園ごとに延長保育の時間や利用料金は違ってくるので、必ず前もって園側に確認することが必要です。

仕事選びのこつ

幼稚園の延長保育を利用すれば、保育園に預けているワーママのようにフルタイムで働くことも可能かもしれません。
しかし、ワーママのための保育園と違い、やはり幼稚園は基本短時間の教育施設としてあるので、仕事は短時間のパートか子供が小学校に上がるまでお預けと考えているママさんが多いのは確かです。パートでしたら、スーパーのレジや派遣での短時間の事務職、軽作業など比較的見つけやすい仕事が多いですので、幼稚園だからといって働くことを難しく考える必要もないでしょう。

でも、どうしてもフルタイムで働きたいというママも少なくはないでしょう。その場合は以下の方法を考えてみましょう。

延長保育を利用するのはもちろん、両親や知り合いに送迎を頼んでみましょう。両親が同居や近くに住んでいたり、信頼できる知り合いが送迎をしてくれるのならばフルタイム勤務のワーママになることも可能です。しかしこれは毎日のこととなると頼みにくいのが正直なところですので、入園前にしっかりとこの点は話し合っておくことが必要です。

延長保育を利用しつつ残業のない仕事に就くことができれば、送迎への問題はクリアできます。しかし、この場合は職場に残業の有無をしっかり確認し、残業は絶対できないと念押ししておくことが必要です。働きたいからといってその点をうやむやにしてしまうと、職場にも幼稚園にも迷惑がかかりますので注意しましょう。

最後に、幼稚園に極力近い職場を選ぶようにしましょう。子供の面倒を見てくれるといっても、保育士のいる保育園と違って幼稚園にいるのは教員免許を持った先生です。
子供の急な病気や避けられない残業を考えて、すぐに幼稚園に駆けつけられる場所での仕事選びをできるようにしましょう。

子供を第一に考えて

幼稚園に子供を預けながらワーママになることができるといっても、まずは子供のことを第一に考えて仕事を探すようにしてください。
保育園に預けられなくて仕方なく幼稚園に入れることになったというご家庭もあるはずです。フルタイムで働かなければ家計が厳しいという状況下のママも多くいらっしゃることでしょう。しかし、幼稚園は保育園とは違うということをしっかり納得して、臨機応変に対応できるような仕事を見つけてくださいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!