子供の幼稚園入園を機に、短時間のパートを始めるママさんは多いことでしょう。春にせっかく始めたパートも慣れ始めた数か月後、子供は約一ヶ月半もの夏休みに入ります。
パートは辞めるわけにはいかず、旦那は会社で面倒を見られるのは自分だけという状況、なんとか乗り切らなければなりませんよね。

ここで今回は幼稚園が夏休みの間に子供の世話とパートを両立させる方法を少しご紹介します。

幼稚園の預かり保育を利用する

地域や幼稚園ごとに仕組みは違いますが、夏休み等の長期休業中でも預かり保育の制度が整っている幼稚園があります。その制度を利用することができればパートを普段通りに続けることはできます。通っている幼稚園に預かり保育の制度がなければ、一時預かりを実施している保育園もありますので、何らかの方法で子供を預けることは可能です。

しかし、夏休み期間中といってもしっかりと保育料は取られる上に、保育料は夏休みのほうが高い可能性が充分にあります。園側にしっかりとその点を確認すると同時に、働き損になることも覚悟しておく必要があるでしょう。

この預かり保育を利用してパートを続ける場合は子供の理解も必要です。夏休み期間中の幼稚園は閑散とします。子供に寂しい思いをさせてしまうのは間違いありません。
幼稚園児にもなれば親の言うことは何となく理解できることと思いますが、就業時間を少しでも減らしてもらったり、残業は極力なくしてもらったりとパート先に相談して、早く子供を迎えに行ける状況を自分で作りましょう。

身内に頼る

幼稚園や保育園の預かり制度は保育料が取られるし、子供に寂しい思いをさせてしまうとなれば、やはり身内に子供を預けるのが一番と考えるママさんもいらっしゃるかもしれません。
しかし、その頻度によっては身内でも結構気を使うものです。夏休み前にしっかりと家族会議を開き、両親や親せきに預けるのは週何回、パパが休日の際は協力してもらうなど、身内といえども負担をかけすぎないようにスケジュールを組みましょう。

パート探しの際に相談する

子供が幼稚園に入ってくれてようやく働くことができると意気込みたい気持ちはわかりますが、パートの面談の際には小さい子供がいること、子供が最優先なことをしっかりと伝えておきましょう。子育てママ応援、主婦歓迎、一日数時週1回からOKなど、今は気軽に始められるパートが多いですが、子供がいるからと自由気ままに休めないのが実情です。
同じように小さな子供がいる他のパートさんとの兼ね合いや、夏休みは仕事が多忙という理由で気を使って休めないこともあるでしょう。

仕事の内容によっては、夏休み中は学生アルバイトが多いので比較的休みやすいパートや、夏休みは普段より忙しくないパートもあります。
予めそういったパートを探すことができれば、夏休みも勤務時間は減らしつつパートを継続することが可能です。
夏休みも普段通りしっかりと勤務してほしというパートは、残念ですが最初から諦めるぐらいの気持ちで仕事を探すことが大切です。

子供が第一

幼稚園に入園するにあたっていろいろと出費がかさみ、パートで働くことがどうしても必要というご家庭もあることと思います。出産してから久々の仕事で嬉しい気持ちのママもいるかもしれません。ですが、必ず第一に考えるべきは子供のことです。幼稚園入園前、たった数ヶ月前まではずーっとママと一緒にいた子供です。どんなに工夫して働いても、多少なり子供に寂しい気持ちをさせることは間違いありません。パートを始める前はパパや両親、子供自身ときちんと話をして納得した上で働くようにしましょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!