多くの子供にとって初めての集団生活の場となる幼稚園ですが、そこへ送り出すための準備は親にとっては大変手間のかかるものです。
幼稚園入園準備には説明会や願書提出、面接なども含まれますが、地味でもかなり面倒なのが入園グッズの準備です。その入園グッズへの名前付けは多くのママさんを悩ませていることでしょう。

そこで今回は幼稚園入園準備の中でも面倒な名前付けのコツを少しご紹介します。

名前付けグッズ

とても面倒な名前付けですが、どうせするなら可愛く、かっこよく仕上げてあげたいものですよね。
全て手書きで名前付けをしていた一昔前と違い、今では便利な名前付けグッズが手軽に揃えられるんです。

<防水・撥水性の名前シール>

手書きという点ではひと手間ありますが、ある程度まとめて作成してしまえば後は張るだけの名前付けの王道グッズです。
お弁当箱やおはし等のプラスチック製品、はさみ、のり、クレヨンなどの文房具に幅広く使うことができます。
ただし、ランチグッズは毎日洗うことになるので耐水性のシールを選ぶようにしましょう。

加えて、手書きを省くためには<お名前スタンプ>を使ってしまうという手もあります。ネットで注文で出来るものから、100円ショップで作成できるお名前スタンプがあります。
一度こちらのお名前スタンプを用意しておけば、剥がれてしまった名前シールの付け替えの際も使えますので重宝します。

<アイロンシール>

その名の通りアイロンで張り付けるタイプのシールで、お弁当袋やタオル、靴下などの布製品には最適なグッズです。サイズも豊富で、体操服に張り付ける大きなタイプのシールもあります。

小さいものは可愛い柄がついたものなどを100円ショップでたくさん見つけることができますが、大きいサイズになるとそれなりに値が張ったりしますので、そこは賢く使いわけて仕上げましょう。

<名前タグ>

ゴムバンドタイプやループ付のタイプがあります。ゴムバンドタイプはお弁当箱やクレヨン箱に使用でき、ループ付はタオルの隅に張り付けて引っかけることができるようになります。
こちらも安く揃えることが可能ですので、必要に応じて使ってみるといいかもしれません。

名前付けは楽しく楽に

幼稚園入園準備は園ごとに違ってきますので、使用する名前付けグッズも変わってきます。
園側でほとんど用意してくれるというママには助かるサービスのある幼稚園もあれば、名前付け以前に上履き袋やお弁当袋などを手作りしなければいけない幼稚園もあります。
説明会などで事前の確認が必要ですが、どちらにしても幼稚園入園準備は楽なことではないのは確かです。

その中でどうしても面倒と感じてしまう名前付けですが、実際に雑貨屋や100円ショップに出向いてみると、たくさんの可愛い名前付けグッズについつい嬉しくなってしまうかもしれません。予想以上に簡単にできる名前付けグッズを新たに発見できるかもしれません。
そうして楽しみながら、そしてママが頑張って名前付けした入園グッズを子供が嬉しそうに使っている姿を想像したりして、幼稚園入園準備を辛いものではなくしてしまいましょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!