子供が成長してくると、普段の生活や遊びから吸収できる知識以外にも、家庭でできる教育は何かないかと考える親御さんも多いのではないでしょうか。
そんなときに思いつくのが通信教育ですよね。

今は幼児期からの早期教育に興味のあるご家庭も多く、まずはたくさんの通信教育の中から選ぶところからつまずいてしまうかもしれません。
そこで今回は通信教育の中でもとりわけ人気のあるポピーとドラゼミの2社、こちらを比較してみたいと思います。

ポピー

ポピーは幼児から中学生までの家庭学習教材を届けてくれる通信講座です。ポピーが目指すのは「学ぶ力」を子供たちに与えること、つまり「勉強の習慣」を身につけさせることです。
幼稚園や学校で教えてもらう勉強のように受け身のかたちではなく、積極的、計画的、そして能率的に自ら進んで理解できるまで繰り返して学習する力をつけるために作り上げられた学習教材が魅力です。

幼児ポピーは2歳から6歳までが対象で年齢別で4コースにわかれています。
幼児期は毎日多くのことを爆弾的に吸収していく大切な時期です。この時期に「学ぶ」習慣をつけることは、将来的にも重要な学習の土台を育むことができます。
幼児向けの学習教材は「脳」をバランスよく育てるように作られており、親子の触れ合いや普段の生活から学ぶというきっかけを与えてくれます。
知的なことだけではなく心や体の成長も考えてくれる教材は、親と子供の双方の脳が活発に活動することが実証されています。

小学ポピーの教材は学習塾のように進学や先々の勉強を見越したものではなく、学校の教科書に沿った内容でしっかりと復習ができ、理解度を深めることができるものとなっています。
適度な問題量と適度なレベルで無理なく勉強を続けることができるように作られているので、学習意欲と学習習慣が自然と身についていきます。
学校での毎日の授業が楽しくなること間違いなしです。

中学ポピーも小学ポピー同様、適度な問題量と適度なレベルの教材で、毎日の学びをサポートしてくれます。
学校の授業に沿った内容はもちろん、定期テスト対策から高校入試対策まで効率よく勉強できるように作られている教材が魅力です。
幼児ポピーや小学ポピーよりもぐんと教科が増え、学習内容は高度になりますが、脳が柔軟な時期に勉強を続けることができれば、高校入学以降にも必ず役立つ「勉強の習慣」を身に付けておくことができます。

月会費は幼児ポピーが各980円、小学ポピーが2,700円から3,400円、そして中学ポピーは4,600円から4,900円となっています。
会員制となっており、どの学齢、学年からでも始めることができます。

ドラゼミ

ドラゼミは幼児から小学生向けの通信教育ですが、特筆すべきは単に教材が送られてくるだけではない通信添削学習プログラムということです。
訓練を受けた添削者が学習の理解度を深めるアドバイスをする丁寧な添削をしてくれるのがドラゼミの魅力です。
そして、ポピーと同様、楽しく学べるように作り上げられた教材で自ら学ぶ習慣を身につけることができます。

幼児コースのぷち・ドラゼミは3歳から6歳、年少から年長までの3コースにわかれていています。
絵本タッチのかわいいデザインのテキストが子供たちの興味を引きますが、ドラえもんが学ぶ楽しさを教えてくれるというのが子供たちにとって最高の魅力ではないでしょうか。
ちょうどこの時期の子供たちにドラえもん好きは多いはずですので、自然とテキストに向かう習慣ができますよね。
3コースとも親子で楽しめる教材となっていますので、親子のコミュニケーションツールとしても役立つこと間違いなしです。

小学生コースのドラゼミも、ドラえもんや他のキャラクターが問題をわかりやすく解説してくれるので、学習の理解度が進み、自然と学べる力がついてきます。そして、学校の授業進度に沿った内容はもちろん、教科書を超えたプラスαの力が身につくテキストで幅広い知識を育ててくれます。ドラゼミの教材は完全オリジナルで、パズルやマンガ形式のページなどもあり、ドラえもんと一緒に楽しく学習できるようになっています。

月会費はぷち・ドラゼミ3コースが2,000円前後、ドラゼミは3,000円代前半から4,000円代後半となっています。
入会金等は特に必要がありませんが、添削テストを郵送する際の送料など細かい雑費がかかります。
1週間の無料教材サンプルの用意もありますので、いきなり始めるのはちょっとという方はそちらを利用してみてはいかがでしょうか。

結局どちらが良い?

ポピーとドラゼミを簡単にご紹介しましたが、どちらも魅力ある通信教育であることには変わりありません。
両方に共通する点としては子供に自ら学ぶ習慣をつけることを目的としていることで、これは知識を得ること同様、もしくはそれ以上に将来の土台として大切なことでしょう。

ポピーはあくまで学校に沿った内容で毎日の学習をサポートしてくれる基礎的な教材で、ドラゼミはそれに付け加え塾的要素が多少加わった幅広い教材といった感じでしょう。
この点でどちらを選ぶかは決まってくるかもしれません。あくまで学校で学ぶことを重点的にそして復習する目的としてはポピーを、より幅広い知識を得るためにはドラゼミを選ぶということになります。

結局、どちらが良いのかは目的によって決まりますので、親の考えや子供の意見を聞くことが第一です。会費の違いや親の希望もありますが、学習するのは子供です。
学校の勉強を中心にしたいのか、より深い勉強をしたいのか等の意見をくんで、子供に合った通信教育を選んであげましょう。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!