女の子のお子さんを持つお母さんは、子供にピアノを習わせたいと思うことがありますよね。
また、子供もピアノに興味を持つことがありますよね。
でも、いつから習わせてあげたらいいのか、悩んでしまうと思います。

そこで、今回はピアノの習い事はいつからするべきかについて説明を行いたいと思います。

ピアノの習い事の適切な時期について

ピアノの習い事は、いつから始めたらいいのか悩みますよね。
ピアノのレッスンを行うには、先生の話が理解できる年齢であることが大切になってきます。
また、20〜30分ほどはイスに座り続けることが必要です。

だいたい年中くらいの4〜5歳が適切ですね。
その年齢になると、字を読んだり、数字が数えられたりするので、楽しくレッスンを受けることができます。

具体的に、いつからかは個人差があると思います。
こどもが、音楽に興味を持ち始めたときに、音楽の楽しさを教えてあげることが大切です。

ピアノの習い事は、0歳〜1歳でも受け入れているところもあります。
ピアノに触れたり、音楽を聴いたり、身体でリズムを感じることができますしね。
音楽はいつからでも、また何歳でも、楽しむことが出来ますよ。

ピアノは成長発達にとても効果的

いつからピアノの習い事を始めるかによって、効果は異なりますが、ピアノには多くの刺激を感じさせてくれます。
音楽にふれることによって、聴感覚が急激に発達します。
また、ピアノを弾くことは、指を動かすので、運動神経にも大きく関わってきます。

ピアノは、指先を使って、また、ペダルも踏むので、より脳に刺激を与えることが出来ます。
いつから始めても、聴覚・視覚・運動神経をより発達させてくれます。
これからの成長に、とても刺激を与えてくれますよ。

効果を知ると、こどもの為にと思って習わせたくなりますよね。
でも、子供が楽しみながら続けることが大切なので、興味を持ってもらうことが大切になってきます。

まとめ

いつからピアノを習わせるか、悩んでしまうと思いますが、焦ることはないですよ。
子供の成長を見ながら、きちんとレッスンが受けることができるか判断してあげてくださいね。

また、ピアノをすることで、多くの刺激を得ることが出来ます。
いつからでも、その効果を得ることが出来るので、興味を持ってもらうことが1番大切ですよ。

親が無理に習わせるのではなく、子供が楽しみながら行うことができるようにしてあげることが必要です。
子供のペースに合わせて、いつからか考えてあげてくださいね。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!