子どもが成長してくると、たくさんのことに興味を示してきます。
特に幼稚園に入園したりすると、なぜ?と疑問に感じることも多くあります。
たくさんのことを知って欲しいので、図鑑を購入したいけれど、種類が多くて悩んでしまいますよね。

そこで、今回は幼稚園児におすすめの図鑑リストについて紹介します。

図鑑の選び方

図鑑には、大きく別けて2種類の図鑑があります。
1つは、「テーマ型図鑑」です。
この図鑑は、幼稚園児などが疑問に感じる内容をわかり易くイラストや写真で、説明されています。

初めて、子供に図鑑を購入してあげるときは、テーマ型図鑑がいいと思います。
子どもにも読みやすくて、興味を持つことが出来ます。

もう1つは「博物型図鑑」です。
この図鑑は、恐竜やクワガタなど種類がたくさんあり、詳しく知ることができます。

でも、1番大切であることは、子どもが喜んで見たり読んだりできるものです。
図鑑を見て、興味が出てきたり、疑問に感じていることが分かると、子どもも楽しく感じます。

おすすめの図鑑リスト

<テーマ型図鑑>
・せいかつ図鑑
この図鑑は、幼稚園に通い出したら、生活していく上での疑問に思うことなどをイラストで解説してくれます。
お箸の正しい持ち方や、和式トイレの使い方もわかり易く載っています。

幼稚園児が興味を持つ、ちょうちょ結びのやり方も記載してあるので、子どもと一緒に見ながら練習をすることが出来ます。
実際に見ながら、たくさん学ぶことが出来る図鑑です。

・一生の図鑑
生き物や乗り物や身の回りの疑問や秘密を1つのテーマにして、わかり易く解説してあります。
子どもに質問されて、説明が難しいときなどにも、とても役に立ちます。

<博物型図鑑>
・ほんとのおおきさ恐竜博士
この図鑑は、図鑑のサイズの収まるギリギリの大きさです。

その為、鼻や口などもじっくり見ることが出来るので、いろいろなことに気づくことができます。
子どもにとって、リアルのある図鑑であるので、興味を引き出してくれます。
その他に、ほんとの大きさ動物園やほんとの大きさ水族館があります。

・のりものはっけん図鑑
幼稚園に通い出すと、通園バスにも乗ったりするので、特に男の子は乗り物に興味を持つようになります。
この図鑑は、たくさんの乗り物があり、さらに乗り物への興味を持たせてくれます。

まとめ

幼稚園に通う始めると、幼稚園でたくさん学んできますが、疑問に感じることもたくさん出てきます。
そんな時期に、図鑑がピッタリです。
初めは、テーマ型図鑑を購入してみたらいいですよ。

幼稚園児の男の子と女の子でも、好きなものなどは異なってきます。
幼稚園に通い始めて、たくさんのものに興味を持ち始めたら、博物型図鑑を購入してみてください。
たくさんのことを知ることが出来て、子どもの好奇心を伸ばすことが出来ますよ。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!