子供もすくすくと成長してくると、興味あるおもちゃの幅も広がってきます。好きなキャラクターでのおままごとや電車遊び、音を楽しむ遊びなど、子供の好きなことは本当に様々です。その中で親としては興味を持ってくれると嬉しいのが知育パズルです。

3歳になったばかりの私の娘ですが、2歳を過ぎたころから突然パズルに興味を持ち始めました。
手始めに好きなキャラクターのパズルを与えてみたところ毎日毎日何回もチャレンジするので、3歳になる前に60ピース程のパズルはできるようになっていました。
大好きなキャラクターだからこそできたということもあり、知育パズルという考えで与えたわけではないのですが、間違いなく脳に良い影響はあったかと思います。

私の娘のようにキャラクター好きからパズルに興味を持つこともありますが、きっかけはどんな理由にしてもパズル好きになってくれるのは良いことですよね。
しかも本格的な知育パズルに真剣に取り組んでくれるようになれば言うことなしです。

そこで今回は、おすすめの知育パズルをいくつかご紹介します。

型はめパズル

その名の通り、三角や四角、丸などの形をはめていくパズルです。平面タイプのものもありますが、木材やプラスチック製で箱型をしていて同じ型のところに立体のピースを入れていくものも、小さい子供が最初に触れるパズルとしては多いのではないでしょうか。はめこみパズル、形あわせパズルとも呼ばれています。

型はめパズルは子供にとって初めての知育パズルとなりますが、これにも多少の難易度があります。三角や四角、丸や星などの左右対称の形は簡単ですぐできるようになりますが、アルファベットや数字、動物の形となると正しい向きでないと型にはめることができません。
子供にとってはこれが意外に難しく、私の娘もピースをくるくると回しては型にはめてみるの繰り返しで何度もチャレンジしていました。

しかも、パズル本体はどんな箱型でもいくつかの面があり、そこから正解の形を探し出すことはなかなか大変です。子供自身が自分の今見ている面に探している型はないと判断して、他の面を確認してみるという行動も、最初はなかなかハードルが高いでしょう。

型はめパズルは遊んでいく中で徐々にできるようになっていくので、長い間活躍できる知育パズルです。
木製のおしゃれでかわいいものから子供が大好きなキャラクターの型はめパズルもあるので、お気に入りの一つを初めての知育パズルとしておすすめします。

ジグソーパズル

パズルの王道、ジグソーパズルももちろん知育パズルのひとつです。ピースをはめることによって絵柄を完成させるということを理解できるようになったら、子供と一緒に始めてみましょう。10ピース以下の平面の型はめパズルに近いものから、ジグソーパズルとして本格的になってくる30ピース程度のものまで、子供の様子を見ながら難易度を上げていきます。
子供の知能には本当に驚かされるもので、驚異的なスピードでピースの多いパズルをどんどんクリアできるようになっていきます。

ピース数によって3歳以上、5歳以上などと推奨年齢が指定されていますが、子供が絵柄を好きかどうかや子供それぞれの集中力や興味の差などもありますので、あまり気にせず子供にも無理のない程度のパズルを選んであげましょう。ジグソーパズルは価格も数百円からとリーズナブルですので、とてもおすすめできる知育パズルです。

キューブパズル

数個の立方体の各面に描かれた絵柄を合わせて一つの絵柄を完成させる知育パズルです。中でも多いのが9個のキューブで6つの絵柄が楽しめるタイプです。
ただ絵を完成させるだけではなくアルファベットや数字を並べる面もあり、子供の成長に合わせて長く遊べる知育パズルです。

私の娘も2歳頃からキューブパズルにはまり出し、一時期は毎日毎日遊びに付き合っていました。途中飽きるとキューブを重ねて遊びだしたりもしましたが、これも使い道の一つだと考えて一緒に遊んでいました。3歳を過ぎた今でもたまに引っ張り出しては遊んでいますが、明らかに以前に遊んでいたときと完成までのスピードが違い、成長を感じることができました。

キューブパズルはジグソーパズルに比べて安価ではありませんが、6つの面で楽しむことができるので飽きのこない知育パズルとしておすすめです。

親子で楽しめるパズルを

おすすめの知育パズルを少しご紹介しましたが、どんなタイプのパズルにしても小さな子供に与えたからといって勝手に遊んでくれるわけではありません。親が一緒に遊んであげて、子供は初めてパズルの仕組みを理解します。初めてピースを型にはめたられたときの子供の嬉しそうな顔は本当に微笑ましいものです。

知育パズルといっても子供にとっては遊びの一環です。「知育」としてあまり過剰な期待を寄せず、親子で楽しめるお気に入りのパズルを見つけられることができれば、それが一番のおすすめの知育パズルです。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!