通信教材は、子供のペースで進めることが出来るので、良いですよね。
でも、子供にもっと学んで欲しくて、先取りをさせたいと感じる親は多くいます。
そこで、今回は通信教育で有名なZ会の先取りさせる?しない?口コミ評判について紹介します。

Z会の先取りさせるパターン

幼い時から、学習習慣を身に着けていると、親が口出しをしなくても学習を行うようになります。
親が口出ししてしまうと、子供のやる気を損ねてしまうことも言えいます。
子供が、学ぶことの楽しさを感じることが大切です。

Z会は、1つ上や2つ上の学年のコースを受講させることが出来ます
子供がもっと学びたいと言う姿勢があれば、Z会の先取りをしても良いと思います。
Z会は、「考える力」を養うことができるので、先取りをすることで、たくさん考えるようになります。

子供が自分で学習をして「分かった」と実感を味合わせてあげることが、大切です。
Z会を先取りするのは、良いことですが親が無理やり長時間の勉強をさせるのは、やめましょう。
毎日10分〜20分を目標にしたりして、毎日の学習習慣を身に着けてあげて下さい。

Z会先取りしないパターン

Z会は、発達段階を考慮して作られた教材です。
その為、年齢に合わせた通信教材であるので、無理に先取りをさせないで、今の成長段階の学習をじっくりさせてあげることも大切です。
親があせって先取りをさせることで、学習に難しさを感じてしまって、つまづいてしまうことがあります。

Z会は、どちらかというと先取りよりも「あと伸び力」をつけることを重視しています。

成長にあった学習で十分と考えるのであれば、急いで上の学年をとる先取りをさせないでもいいですよ。
子供に楽しく学んでもらいたいと考えるのであれば、先取りではなく、今の年齢にあった学習をたっぷりさせてあげて下さいね。

Z会の先取りに対する口コミ

Z会というと、中学受験以降の「難しい」通信教育というイメージが定着しているので、なんとなく「レベルの高い通信教材をさせたい」という親に人気です。

しかし、もともとは中学以降の教材会社が、こどもちゃれんじに対抗して幼児用コースを作ったものです。

このため、幼児用のZ会は、基本を大切にしているので、イメージに反して簡単と感じる方が多くいます。

その中で、口コミが多かったのが問題が簡単という口コミでした。

・かんがえるちからワークは、簡単過ぎる
・ペアゼットは、子供がほとんど興味を持つもの
・Z会のワークの進み方がゆっくり

このように、子供の成長に比べて、ゆっくりに感じる内容であれば先取りをしても良いと思います。
口コミは、いろんなことを知ることが出来るので参考にしてみましょう。

中には、成長にピッタリと言う口コミもあります。

・子供の成長にあっているので、楽しみながら出来る
・Z会の教材は、子供と一緒に学ぶことが出来る。

子供の成長や性格に合わせて、Z会の先取りをするかしないか決めても良いと思います。

6歳までの幼児教育で将来の学歴・収入が決まる!

習い事や塾は小学校に入ってからでいい・・そう思っていませんか?

実は、ノーベル経済学賞ヘックマンの研究で、40年追跡調査により、親の賢さに関係なく、6歳までの幼児教育の有無で将来の学歴・年収が決まることがわかったと発表されています。




幼児期に頭を賢くする幼児教室リスト

1:平均IQ140のベビーパーク



あの七田チャイルドより良いと口コミで人気の幼児教室。

右脳教育に加え、保護者へ「子供の伸ばし方」を毎回教えてくれます。

WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



2:3歳~8歳の知能向上教室キッズアカデミー



ひらがなや算数などの早期詰め込み教育は8歳までは必要ありません。
キッズアカデミーでは、地頭を良くする『知能教育』を行っています。
WEBからだと、無料で通常のレッスンが体験可能!



3:2歳から中学3年生までの家庭学習教材【月刊ポピー】



無駄な付録が一切ないため、月980円と激安の通信教育。

学校の教科書に準拠しているので小学校の先取り可能!